時には本の感想を 

2008, 01. 05 (Sat) 10:46

読書カテゴリーに居ながら読書の話題にならないというのもよろしくないので、今日は以前に読んだ本の感想をだらだらと書いていきたいと思います。

フランドルの呪画(のろいえ) (集英社文庫)フランドルの呪画(のろいえ) (集英社文庫)
(2001/05)
アルトゥーロ ペレス・レベルテ

商品詳細を見る

絵画の女性修復家フリアは、15世紀の作品の修復を依頼された。チェスに興じる公爵と騎士、それを見守る公爵夫人を描いた絵をⅩ線で撮影すると、ラテン語の文字で「誰が騎士を殺したか」と浮かび出る。謎を解き明かすために、フリアと、フリアの後見人のセサル、チェスプレイヤーのムニョスは、描かれたチェス盤との奇妙な対決を始める。そしてフリアの周りには殺人事件が次々と起こり……。(文庫版あらすじを参考にしました。)


 読んでいて思うことは、文章で絵画を描写するということは並大抵なことではないな、ということでした。本書の中では 『ピーテル・ファン・ハイス作、「チェスの勝負」』 という絵が軸となっているのですが、その絵と言うのが写実的で細かいひだもたっぷり丁寧に書き込んである絵という設定なのです。
 それを描写するときに、冗長になると重苦しい感じになる。かといって「フェルメールの絵のような……」と実在の名前を書いてしまうと安っぽい文になってしまう。
 レベルテの文章は見事としか言いようがないほど簡潔でいて、視覚を刺激する説明に満ちています。私の脳内画像では、暗闇からゆっくりと、鮮やかな人物たちが浮かび上がってくるようなイメージを持ちました。なんて絶妙な描写だろうと溜息しきり。

 登場人物たちの描写も丁寧で、チェスプレイヤーのムニョスなどは しょぼい風貌 が目に見えるようでした。どうせなら年をとっても素敵なおじさん、セサルとかを鮮やかに思い描きたかったのだけれども……やはり冴えない人物をリアルにすることで物語のバランスを取っていたのでしょうか。

 ストーリーはミステリー仕立てになってはいるけれど、そちらはあまりパッとしないのが惜しいところ。むしろ殺人犯とのチェス勝負や、絵に描かれた人物を幻視するシーンの方が迫力があって読んでいておもしろかったですね。

 それにどうでもいいことだけど、登場人物の名前がなじみのない響きなので少し戸惑う。ムニョス、カシロミ・フェイホー、パコ・モンテグリフォ……
 作者のレベルテはスペインの人なので仕方がないのですが、英米ものを読むのが多い私としては、
「フェイホー……サモ・ハン・キンポーの親戚かい?
とか雑念が湧いてきてしまう。それはそれでおもしろいのだけど。

 日本ではあまり知られていないレベルテは、映画 『ナインスゲート』 (ロマン・ポランスキー監督、ジョニー・デップ主演)の原作者でもあるそうです。今後注目度の高い作家でもあると思います。



【お断り】
今回の感想は、某所にアップしてある私の感想文を、ブログ風に多少書き換えたものです。
もし某所で読んでいてくださった 神のようなお方 がいらっしゃいましたら、伏してお詫び申し上げます。使いまわしでごめんなさいごめんなさい!
次はちゃんと新たに感想文書きますのでどうぞよろしく!

コメント

ひろっすぃ

絵画を文で表現してるのね。珍しい・・・。
書く人の力量でいろいろ変わるんですな。
しかもチェスの勝負までも表現されてるとは・・・。
周りに誰もチェスができる人がいないんで、ルール忘れたなぁ・・・。
蝙蝠丸さん今度勝負しましょう

2008/01/05 (Sat) 12:12 | ひろっすぃ | 編集 | 返信

月夜ノ蝙蝠丸

ひろっすぃさん。

文章ってイメージを喚起させることはできるけど、限界があると思うんです。実際の絵以上の感動を文章で表現はできないと思いますし、それをやろうと思ったら絵の描写以外でストーリー性を持たせ、文章の力で読者を感動させないといけない。
この小説は限界まで文章の力を発揮していると思います。だからミステリーとしてはそれほどではなくても、読んでいて違う意味でぞくぞくしました。

ひろっすぃ兄さんはチェスできるのですか? うわー、いいなあ…私はさっぱり(^^)
それにブログに貼ってあるオセロでさえも、猿のように延々とやってみたにもかかわらずまだ2回くらいしか勝てません! もう30回くらい勝負してるんですけどねえ…
兄さん後でチェスのやり方教えてください。

2008/01/05 (Sat) 17:09 | 月夜ノ蝙蝠丸 | 編集 | 返信

あゆかっち

呪画・・・
じゅがじゅがって読んでました。
ちゃんと横にのろいえって書いてあるのに・・・

じゅがのほうが可愛い。(そんな問題とちゃう!)

私の発音的にはムニョスが好きだな。

あ~、チェスとか分からないし、私の想像力はおふざけてしまう~。

ごめんなさい。
私にはこうもりの家紋を想像するくらいで限界です。

それから・・・
いつも拍手にコメントありがとです。
あれって返事書くところ無いでしょ。だからここで。
ありがとうです。本当に嬉しいんです。


2008/01/06 (Sun) 11:14 | あゆかっち | 編集 | 返信

月夜ノ蝙蝠丸

あゆかっちさん。

そうですね、「のろいえ」とは読めませんよね。
ジュガジュジュジュ…いえ、なんでもないです(^^)
ムニョスって、なんだかムニュ~って感じでかわいいですよね。フェイホーはヤッホーみたいだし。国が違うと名前もそれぞれで面白いなあ…なんて思います。

月に蝙蝠の図柄はこちらで見られます。
http://www.omiyakamon.co.jp/kamon/koumori/index.html
あゆかっちさんのイメージ通りだったでしょうか(^^)

あ、拍手のコメントに目を通してくれていたのですね! よかった…!
あゆかっちさんのコメント欄には、今現在必要な情報とか、アドバイスが書かれるほうがいいんじゃないかと思いまして、私は拍手で応援しようと思ったのですが(^^)
あゆかっちさんのブログを読むと、お子さんとの静かな生活を望む気持ちが痛いほど伝わってきます。
それに、今の状況はかなり厳しいのに、あゆかっちさんは笑いを交えながら耐えていらっしゃるんですよね…誰も恨まずに、自分のまいた種なんだ、と腹をくくって前に進もうとする。
私はただ、がんばれ!と声援を送り続けたいと思います。私にできるアドバイスがあればコメント欄に長々と書くかもしれません。それまで、拍手コメにちょこっと書くだけにしておきますね。
あゆかっちさん、がんばれ!

2008/01/06 (Sun) 15:18 | 月夜ノ蝙蝠丸 | 編集 | 返信

あゆかっち

ありがとです~~~~。
蝙蝠の家紋は想像通りでした。(笑)
私も結構やるじゃん。
ははは。

拍手のコメント、携帯電話に送られてくるので、瞬時に分かります(笑)
返事がかけないのでどうしよ~と悩んでるのですが、ひっそり応援したい人もいるようで・・・
最近はあし@の伝言板でやり取りも多くなってきました。あそこは誰にも見られませんから。
私と同じような経験の人意外と多いです。

私も、自分が悪いって心から思えるまでに相当な時間がかかりました。いつもあいつが悪い私は何も悪くないって言い訳ばっかりしていましたから・・・。

私の場合は全てなくして初めて気がついたという愚かな過去が有ります。10年もかかりましたから。
立ち直るには今がチャンスと思ってひとふん張りし始めたひよっこです。
これからもほんとによろしくです。ほんとに有難うです。

2008/01/06 (Sun) 15:39 | あゆかっち | 編集 | 返信

月夜ノ蝙蝠丸

あ、なるほど! 拍手コメント、携帯に送られていくんですね! もしかしたら拍手コメントのページとかあまり見てないかもしれない…と思っていたんですが、安心しました。
あし@の伝言板も、そういう使い方があったんですね。あゆかっちさんがご自分の体験を書かれることで、自分を見つめなおすことができた人も多いのではないでしょうか。そういう意味でも、あゆかっちさんは多くの人に希望を与えていると思います。
同じような体験の人は、あゆかっちさんの後に続いて立ち直ろうとすることができるかもしれない。
けっこう責任重大かもしれませんよ(^^)
それは冗談ですが、でもお子さんとの生活を守るために、努力し続けるあゆかっちさんは絶対に幸せになってもらいたいと思います。
自分は悪くない、と言い訳していた時期があるそうですが、その考えから抜け出せない人もいます。
今あゆかっちさんは「自分のせいなんだ」という気持ちになれたことは、実はとてもすごいことなんです。
大丈夫、あゆかっちさんは自分を変えていく力がありますよ。
これからも強力に支援していきます!

2008/01/06 (Sun) 17:08 | 月夜ノ蝙蝠丸 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント