スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心静かに初詣。 

2008, 01. 04 (Fri) 18:40

さあ、昨日の日記に(前編)と書いたことなどすっかり忘れて、和やかに始まりました私の身辺雑記。
全然読書の話題に触れることなく、今日はさらっと初詣に行った話をします。

本日はお天気も良く、南南西の風、風力2といった感じ。
毎年初詣には、車で20分ほどのK船神社に行きます。我が家の世帯主さまは個人事業主なので、商売の神様であるK船に神頼み…ではなく、新年のご挨拶に伺います。

小高い山の頂上にある神社は比較的歴史も古く、初詣客数はG県でもナンバー3に入るほどのにぎわいです。本日は三が日も終わっていますし参拝客は少なめかな、と思ったらスットコドッコイ、参道には人があふれて食べ物屋のテントが軒を連ねています。まるで縁日のような雰囲気です。

気温は下界よりも3℃か4℃低めで、吐く息が白くなりました。ここは極寒の地ロシアかラップランドか。
いえ、G県です。焼きまんじゅう屋があります。近所に温泉がわき、周りを歩く人々は空っ風に吹かれてみな赤いホッペをしております。手にはネギとコンニャクを持ち、普段からスキーウエア着用です。

今ふと、G県の人このブログを読んでいないといいなあ、などと思いましたが、まあ特に差し障りはないということにしておいてください。おねがいします。

私は家族と一緒に、手と口を清めてから鳥居をくぐりました。
30段ほどの石段を上ると、賽銭箱の置かれた社殿が見えます。大きな鈴をつけた紅白紐もぶらさがり、初詣一色です。
参拝客は四列になり、お参りをしようと静かに境内へと進んで行きます。私も人々の渦に揉まれないよう注意しながら、凍えた手をこすり合わせて順番を待っていました。

その時、後ろに並んでいた3歳か4歳ぐらいのお子様が、いきなり何かを叫び始めました。

「ねえママー! 忍者どこ、忍者!」

忍者?

「ママー、ママー、ママー、忍者忍者ー!」

子供特有のしつこさで言い続けます。
忍者がいると思っているんだろうか。それとも子供番組とかでそういうのがあるのかな?
なんとなく首をかしげながら子供の声を聞いていると、母親らしき声がしきりとなだめる口調で話しかけています。

「シー! うるさくしないでね」

子供も黙っていません。

「でも忍者いないよ、忍者どこ?」

母親は辛抱強い調子で言いました。

「忍者はいないのよ。ここは神社!」

にんじゃじんじゃか!

周囲に微苦笑が広がりました。
子供ってかわいいねえ、といった雰囲気です。癒されますね。純粋な心、忍者と神社。

子供好きらしい男性が、マフラーで自分の顔と首をぐるぐる巻きにしました。
「ほお~ら、忍者だよ」
忍者スタイルになって子供の前にニョッキリと顔を出したのです。見ず知らずの人が、ぐずる子供をあやす。なんていい話なんだろう。日本人の美徳は失われていなかった! まだ見捨てたもんじゃない…!

当然子供大はしゃぎするものと期待したのですが、当の子供はにわかに表情をこわばらせ、この世の終わりといった声で鳴き叫び始めました。

どうやら忍者が怖くて怯えていたらしいです。ずっと。

周囲はこの気まずい雰囲気に知らん顔したことは言うまでもありません。

私もそそくさとお参りし、その場を後にしました。
今日の一件があの子のトラウマになりませんように、と祈りながら。

コメント

ひろっすぃ

「じんじゃ」と「にんじゃ」ですか。ナルホド、チビッコは忍者に会えると思ったのね。
マフラーをせっかく巻いてくれた見ず知らずの人も、子供に泣かれてしまってはショックでしょうな。

兄さんも小さい頃に、牛乳の「あけくち」と書かれた部分を見て「あたりつき」と勘違いした事があります。「あ」しか被ってないがな。
兄さんが必死で「あたりつき」の部分を切り取ってる様子を、当時まだ生きてたおばあちゃんがニコニコしながら見てました。バアちゃんも言ってくれればいいのに~
兄さんただのタワケボウズ。

2008/01/04 (Fri) 20:10 | ひろっすぃ | 編集 | 返信

王 白石

お~い、ここに居るよぉ、G県生まれのG県育ち。
「焼き饅頭」という単語が理解できる人間ですw

HNから推察すると北部の方ですか?
ウチは南東部の王市ですよ。
スキーウェアは着用しませんww

2008/01/04 (Fri) 20:31 | 王 白石 | 編集 | 返信

月夜ノ蝙蝠丸

ひろっすぃさん。

そうそう、 「あけくち」 と 「あたりつき」 も間違えやすいかもしれませんね。…って、「あ」 しかかぶってない! 
「さびしんぼ」 と 「けちんぼ」 を間違えるようなものじゃないですか。…いや、文字数変ってますかそうですか。
きっとおばあちゃんはそんな兄さんが可愛らしくてニコニコしてたんでしょうね…


王さん。

うっ、そういえば王さんのプロフィールに書いてありましたね。失念していました。これはまずい…!
みなさ~ん、G県はいい所ですよ~! ぜひ焼きまんじゅう食べにきてくださ~い! 
ふう…、これでG県の威厳は保たれたでしょうか。

私も南部ですよ。愛氏です。たぶん王氏とは隣同士かと…
すいません、ハンドルネームの由来も訊かれたことありましたね。「月に蝙蝠」 という家紋がありまして、以前から蝙蝠が大好きな私が感銘を受けた家紋なのです。そこからHNをつけました。紛らわしくてごめんなさい。

でも、あれ? スキーウエアは着用してないですか? おかしいなあ…(^^)

2008/01/04 (Fri) 21:16 | 月夜ノ蝙蝠丸 | 編集 | 返信

あゆかっち

コウモリの家紋ってあるのですか・・・・
へ~って、どこ読んでコメントしとんのじゃい!!

忍者になった兄さん、気まずかったでしょうね・・・
ははは。私なら爆笑しますね。

兄さん子供いじめたらあかんや~んって。
そして子供にもチョと気を遣えと言ってやります。

たぶんトラウマになるな(笑)

2008/01/05 (Sat) 01:00 | あゆかっち | 編集 | 返信

月夜ノ蝙蝠丸

あゆかっちさん。

いらっしゃいませ~
そうなんです、きっと子供の心に深い傷をつくったことでしょうね、あの忍者…(^^)
あゆかっちさんがあの場にいてくれたら、きっと場も和やかになったでしょうね。大爆笑しながら兄さんと子供の背中をバンバン叩いて 「子供いじめじゃダメだぞ~兄さん! アンタもちっとは気ぃ遣え~」 と言うあゆかっち姐さん…
ト、トラウマになりますね…(^^)
もう少し大きい子だったら笑ってくれたんでしょうけどね。いやはや、不幸な出来事でした。

月に蝙蝠。不思議な家紋ですよね。大宮華紋という会社が制作したそうです。なかなかキレイですよ。
自分で家紋が選べるなら、私はこれがいい! と勝手に思ったりしてます。
家紋の付いた着物なんて着る時ないですけど…

2008/01/05 (Sat) 07:02 | 月夜ノ蝙蝠丸 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。