仕事への道のり その1 

2016, 07. 27 (Wed) 19:43

皆様こんにちは。
今にも雨がパラリンコしそうなG県は、背中に浮遊霊が貼りついているのかってくらいゾクゾクと生温かくてマジやばいです。た~すけて~。

などと世間話で始まりましたテキトー更新2回目。

こう考えると全然と言っていいほど、特に語ることはないのですが。
しかしまあ、始めてしまいましたのでだらだらと仕事のことなど書こうかと思います。

以前ブログを書いていたころは自営業という名の無職だったわたくし。

し・か・し!

今は生活苦もあり、重い腰を上げて労働に従事しております。
あっ、「重い腰」と言ってもお尻が大きいという意味ではございませんのであしからず。大きいのは態度です。ハイすいません自重します。

話を戻しますと。

つらつら考えてみれば、仕事をするまでにはそれはもう長い道のりがありました。

リーマンショックにより、世帯主さまの仕事崩壊……
酒びたりとなり、アル中へと変貌……
そんな時、借金の保証人となったために莫大な負債を負い……
着の身着のままで夜逃げ……


と、まあそんなことは ひとつもなかった わけですが。

彩りとして、ちょっと激動人生っぽくしてみました!

反省だけが人生さっ!

ということで、本題に戻ります。

色々あって、というところまでお話しましたね。
仕事探しで大切なのは、やる気! 勇気! 熱意! とは解っていても、鼻息を荒くしているだけでは仕事はやって来ない。
そこで、私が向かったのは、ハローワーク。
言わずと知れた、仕事探しの大本丸です。
ここを語らずして何を語りましょうぞ! 無駄に力強く言ってのけて、私は住んでいる街のハロワに直行したわけです。

そこには。

あらゆる年代の方々が暗い表情で、検索機(パソコン)の前に座っていたり、手持ち無沙汰に待合室でボーっとしたりしていたのです。

うわあ……就職氷河期といわれているけど、こりゃあハンパないわ。

そんなことを思いつつ、受付を済ませました。
私も手持ち無沙汰にボーっとする仲間入りです。
微妙に安い軋む感じのソファに腰を下ろして、壁に貼り付けてあるポスターなどを眺めていました。

眺め終わっても、まだ私の順番は来ません。
そこでまた端からポスターを眺めていったわけですが、一通り見終わってもまだ呼ばれない。

ポスターの文章を覚えてしまいますよコラァ!などと思ったとき、ふっと違う壁のポスターが目に付きました。


求職者支援制度

職業訓練受講

まずは窓口で説明を 


よく求人広告などに書かれている文言です。
職業訓練が無料で受けられて、条件さえ合えば給付金も貰える制度。なんて素敵なサムシング!

そこへ、とうとう私の順番が来ました。

まずは挨拶と、どうして仕事を探しているか、どんな仕事がしたいかを説明。
職員の方も現在の就職活動の現状などをお話してくださいました。
しかしその間も、私の頭には職業訓練の文字がちらついています

話の最後に、「あのー」と気楽な感じで言ってみました。

「ここここの職、職職職業訓練とかって、そのあの……どどどどういう……」

ちょっとガッツキ過ぎですよ私!

窓口の方は微笑みながら、
「ああ、興味がおありなら担当と話をしてゆかれますか?」
と言ってくれました。

ウィムッシュー!と返事をして。

待つこと三十分!

ようやく職業訓練担当の職員が、
「678番のかたー」
と面倒くさそうに私の番号を呼んだのでした。


長くなるので明日に続きます。


決してネタを引っ張っているわけではございませんのであしからず!




※お詫び
某所でアップした記事をリサイクルしました。
エコに貢献しているとお考えいただくと助かります(にこっ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント