ドット絵の素晴らしい世界 

2016, 07. 30 (Sat) 10:30

梅雨明けして蒸し暑い日々が始まってしまいました。

ああ……涼しい曇り空よサヨウナラ。
じっとりと暑苦しい毎日コンニチハ……


というわけで。



悲しい思いを抱いたワタクシ現在風邪気味でございます。

そんなときは……動画でも観て気持ちを落ち着けましょう。


YMCK 『果てしない世界』

かなり音が出ます! お気をつけて!





またゲームがやりたいですなあ……

仕事への道のり その2 

2016, 07. 29 (Fri) 20:47

皆様ハロー。
テキトー更新もなんだかダラダラ進行になりつつある現在。
なんだか咽喉の痛みと倦怠感に悩まされているわたくしです。
風邪がヤバイ感じになる前に、早めのお薬と多目の晩酌でしのいでみました。全然効いていない予感がしますけど、そこはソレ。気合で乗り越えたいと思いますので4649! 


さあ。今日の更新は、梅雨明けの張り付く湿気と戦うべく、すっきりしないお仕事の話(続き)でもしてモヤッと感MAXになろうという企み。 

【前回のお話】
仕事を探すべくハローワークに出かけた私は、待合室でボケーっと順番を待っている間に「職業訓練」のポスターを見かけ、担当職員さんと話をするところまでこぎつけた……


ようやく順番になった私の前には、シルバー年代と言っていいお年(と思われる相貌)の方が現れました。

奥のブースに連れて行かれて椅子に落ち着くと、おじいちゃん職員はお茶を一杯、ズズズと飲み、老眼鏡を外してメガネ拭きできれいにしてから、ゆっくりとソレをかけて私の情報満載のハロワ書類を一瞥。
何を言うのかな、と待っていると、おもむろに「ごほっごほっ!」と咳き込んで大判ハンカチで顔をぬぐい出す、などの枯れっぷりを見せてくれました。

いつになったら話が始まるのか、と我慢していると、

「……あー、うー、あなたは、あー……職業訓練を、ええ……っと」
とおじいちゃん職員。ナイス! 期待を裏切らないヨロヨロ加減

「職業訓練を……受けたいとの……ことですが、あー、そのー、どういったことを……」
おじいちゃん職員、暖炉の前でロックングチェアに座っているのかと思うほどの喋り方です。

私はざっと、仕事を探していること、年齢の制限があるからなかなか仕事が見つからないこと、それならいっそ資格を取って、新しい職種にチャレンジしたいことなどを説明しました。
そのために必要な条件などを教えていただきたい、と申しました。

おじいちゃん職員はふむふむ言いながら、書類に目を落とし、

「ああ……ええとお子さんがいらっしゃるんですね。お仕事探している、と」


    ヽ(゚、。)ノ コケッ   まだそこかいっ?!


私は子供が(当時)まだ小学校低学年であること、学校行事などで休まなければならないこともあるので時間に融通の利く職業を希望していること、土日休みは必須!と言いました。

おじいちゃん職員、「なるほど」と頷き、

「あーそのー、あなたはそもそもどうして仕事を探しているんですか?

との爆弾発言。


ミ(ノ_ _)ノ=3 ドテッ!


ここはハロワです、おじいちゃん職員!


書いていて疲れましたが、読み返してもドッと脱力しますね。


私はそれから力を振り絞り、世帯主様の仕事がうまくいかないこと、これから子供にお金がかかるのに貯金もできず、生活費すら足りない状態であることを訴えました。
自営業という名の無職。ええ、もう外に出て仕事をしないとやって行けない状態でありました。
そしてできれば、世帯主様の収入に頼らずに、自分で生活できるくらいまでになりたい、ひいてはいつか自分だけで子供を育てられる状態に持って生きたい、つまり離婚を考えている……とまでぶっちゃけ言ってみました。

おじいちゃん職員、ウンウンと頷き、

「よくわかったけど……しかし子供が小さいうちは、お母さんがしっかり見ていてあげないとならないと思うよ。旦那さんが外で稼いで、奥さんが子供を見る。それが結局、正しい家庭のありかたなんだ。
『子はかすがい』と言ってね……」

とうとうと話し始めるおじいちゃん職員。

「ご主人もね、男は外に出れば七人の敵と言って、家族を養うのに必死に戦っているんだ。それを理解してあげないとね……」
「やはり男と女では、稼いでくる金額に大きな差があるからねえ……子どもを養うのは相当の覚悟が必要だよ」
「お母さんが家にいない家庭は、やはり子どもが不安定になる傾向があるんじゃないかあ……ボクはよく分からないけどね」

などなど。

えっと……なぜお説教モード?

おじいちゃん職員の言いたいことは、

・母親は家庭に入って、子供を見る。
・育児をしてこそ母親の役目。
・どうしても仕事がしたいなら、短時間。

というものでした。
ハローワークでこんなことを言われるとは思ってもみなかったわたくし。めまいがしました。
今は二十一世紀だよね?! と思いつつ、引きつった作り笑いでおじいちゃん職員の話を聞き終え、やっと本題。

「あの……職業訓練の条件を伺いたいのですが」

といいましたら、相手はちょっと我に帰った顔で、

「あっ、ええ今資料をお持ちします」

と、何枚かのプリントを出してきました。

そこには、『緊急人材育成支援事業 ご案内』と書かれていました。
突き詰めれば、雇用保険を適用できない方への職業訓練(とその期間の生活保障)を支援するというでした。

訓練内容は、
パソコンスキル取得などのIT関連。
医療。
介護。
福祉。
電気設備。
その他。
などでした。

おじいちゃん職員は、
「まあよく考えて、どうしてもやりたかったらまた来てね」
と面談終了としました。


ああ、言ってもいいですか。訓練の説明、五分でした。

ちなみにハロワに来てから、最初の窓口まで一時間。
そしておじいちゃん職員のお説教一時間半。

朝一番にハロワに着いたのに、もうとっくにお昼を回ってます。ハロワってこんなに大変だったのか……

私はヨレヨレになりつつ、帰宅しました。

思い出すのも切ないので、なんだかこれで終わりにしたい気持ちもありますが……
機会がありましたら、またお話できるかもしれません。
私に余力があるときにでも。

読んでいただいた方に今世紀最大の幸福が訪れますように!

それではまた!




※お詫び
某所でアップした記事をリサイクルしました。
「蝙蝠丸またかよ」と生温かく見守っていただけたら幸いです(汗)


仕事への道のり その1 

2016, 07. 27 (Wed) 19:43

皆様こんにちは。
今にも雨がパラリンコしそうなG県は、背中に浮遊霊が貼りついているのかってくらいゾクゾクと生温かくてマジやばいです。た~すけて~。

などと世間話で始まりましたテキトー更新2回目。

こう考えると全然と言っていいほど、特に語ることはないのですが。
しかしまあ、始めてしまいましたのでだらだらと仕事のことなど書こうかと思います。

以前ブログを書いていたころは自営業という名の無職だったわたくし。

し・か・し!

今は生活苦もあり、重い腰を上げて労働に従事しております。
あっ、「重い腰」と言ってもお尻が大きいという意味ではございませんのであしからず。大きいのは態度です。ハイすいません自重します。

話を戻しますと。

つらつら考えてみれば、仕事をするまでにはそれはもう長い道のりがありました。

リーマンショックにより、世帯主さまの仕事崩壊……
酒びたりとなり、アル中へと変貌……
そんな時、借金の保証人となったために莫大な負債を負い……
着の身着のままで夜逃げ……


と、まあそんなことは ひとつもなかった わけですが。

彩りとして、ちょっと激動人生っぽくしてみました!

反省だけが人生さっ!

ということで、本題に戻ります。

色々あって、というところまでお話しましたね。
仕事探しで大切なのは、やる気! 勇気! 熱意! とは解っていても、鼻息を荒くしているだけでは仕事はやって来ない。
そこで、私が向かったのは、ハローワーク。
言わずと知れた、仕事探しの大本丸です。
ここを語らずして何を語りましょうぞ! 無駄に力強く言ってのけて、私は住んでいる街のハロワに直行したわけです。

そこには。

あらゆる年代の方々が暗い表情で、検索機(パソコン)の前に座っていたり、手持ち無沙汰に待合室でボーっとしたりしていたのです。

うわあ……就職氷河期といわれているけど、こりゃあハンパないわ。

そんなことを思いつつ、受付を済ませました。
私も手持ち無沙汰にボーっとする仲間入りです。
微妙に安い軋む感じのソファに腰を下ろして、壁に貼り付けてあるポスターなどを眺めていました。

眺め終わっても、まだ私の順番は来ません。
そこでまた端からポスターを眺めていったわけですが、一通り見終わってもまだ呼ばれない。

ポスターの文章を覚えてしまいますよコラァ!などと思ったとき、ふっと違う壁のポスターが目に付きました。


求職者支援制度

職業訓練受講

まずは窓口で説明を 


よく求人広告などに書かれている文言です。
職業訓練が無料で受けられて、条件さえ合えば給付金も貰える制度。なんて素敵なサムシング!

そこへ、とうとう私の順番が来ました。

まずは挨拶と、どうして仕事を探しているか、どんな仕事がしたいかを説明。
職員の方も現在の就職活動の現状などをお話してくださいました。
しかしその間も、私の頭には職業訓練の文字がちらついています

話の最後に、「あのー」と気楽な感じで言ってみました。

「ここここの職、職職職業訓練とかって、そのあの……どどどどういう……」

ちょっとガッツキ過ぎですよ私!

窓口の方は微笑みながら、
「ああ、興味がおありなら担当と話をしてゆかれますか?」
と言ってくれました。

ウィムッシュー!と返事をして。

待つこと三十分!

ようやく職業訓練担当の職員が、
「678番のかたー」
と面倒くさそうに私の番号を呼んだのでした。


長くなるので明日に続きます。


決してネタを引っ張っているわけではございませんのであしからず!




※お詫び
某所でアップした記事をリサイクルしました。
エコに貢献しているとお考えいただくと助かります(にこっ

ひっそりと 

2016, 07. 25 (Mon) 08:25

世間の皆さんこんにちは。

ああ……なんて久しぶりのブログ。本当に懐かしいです。
思い起こせば、ブログ閉鎖から8年。
最後にカブちゃんが更新してくれたのが2009年3月のことです。

もうそんなに月日がたったんですね。
閉鎖したときにはハタチだったので、もう28歳かー
わたくしも年を取るわけです。

えっ? オマエ28歳じゃねーだろーって?
すみません、間違えました。29歳でした。


・・・



さあ、戯言は置いといて。



あれから。
違うブログを作ったこともありました。幸いにも訪れてくださる方もいらっしゃったのですが、なんとはなしにヘタレ蝙蝠丸、ゴタゴタに巻き込まれそうになって離脱したりなんかしてやっぱりダメダメじゃん!的な展開になったりしました。

もうこのブログを訪れる方もいらっしゃらないだろうなあ、と思いつつ。
でもやはりここは私の原点ともいうべき場所。
ずっと気になっていました。


今回、ふとブログを更新しようかと思ったきっかけは……

なんとなく……ですかねえ……

うん、思いっきり行き当たりばったり。内容サッパリ。読んだ人ガッカリ。なんやねん。


8年も経つと、私も色々と環境が変わりました。

ここで問題です。

私の「変った」環境とは?


1、就職した

2、転職した

3、引っ越しした

4、サルちゃんが中学生になった

5、離婚した

どれでしょうか!




チッチッチッチッチ……

タ~イムアウト~!


答えは……ええ、お察しの通り全部です!


ああ、私ってチョー頑張った!
ようやく息が吐けるようになって、気が楽になりすぎました。ああ、3キロも体重増加……本気でやばいです。
しかし!
これからは毎日ウォーキングすることを決意しました!
仕事が終わったら毎日2時間は歩いてみようと思っています。

ポケモンGOを起動させて!

そっちかい!

そんなこんなで、次回の更新があるか分かりませんが、気まぐれで再びやってくるかもしれません。

もしかしたら明日……とか……(汗)

お目に留まったらうれしいのですが。
では皆様良い一日を!