スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

指先のおもむくままに…! 

2008, 03. 24 (Mon) 12:05

今日の関東地方は、曇りから雨、午後からは晴れと言う急転直下のお天気になるそうです。気まぐれな空模様ですが、皆さんはいかがお過ごしですか。

最近ブログを書いていなかったので、タイピングが恐ろしいほど下手になりました。これも何かのバツでしょうか。
それを逆手に取って、今日のブログは間違いを直さないでそのままアップしてしまおうという読者様に対するサービスゼロの企画。もしよとしかったらお付き合いクdさい。


雨が降ると、おでっ換えするのが嫌になりますね。わたくし髪型命の女なので、天気が悪いとユy-ウチになります。
セットが乱れる、しっとしして髪が重くなる…それに気もちわっるい。
何とはなしにブルーになります。
そして子供のころのことをなぜか思い出してしまうのです。

あれは小学校低学年のこtろでした。
世間では恐ろしい噂が日本中を騒然とさせていました。

…そう、『口裂け女』 の時代です!

街角に立っている一人の女…髪が長く、スタイル抜群の美女です。
ただ、大きなマスクをつけています。

ある男性が、女に声をかけました。
ねえねえ、カ~ノジョ~(死後)、ロマンドでお茶しない(死語)? 」
女は首を振りました。
男は執拗に誘いかけます。
「 俺のランボルギーニに乗ってみるかい? ラッタッタの名前だけど。なんちゃって(死語)」
それでも女は首を振ります。
「ねーね、どうしたの悲しいお顔して~? きれいなお顔g台無しじゃん?」
男の言葉に、うつむいていたおんnは振り向きながらゆっくりとマスクを取りました。

「これでも私、き~re~i~?]

そんk顔は、口が耳なで裂けています。乱暴に塗られた真っ赤な口紅が血のようにヌラヌラと光っていました。

男は叫び声をあげ、一目散に逃げ出します。

すると、女はいつの間にか大きなカマヲ振り上げながら男をおいかけてきました。

「 私がきれいなのか答えろ…!」

男は大声で叫びました。
「きれいです…とてもきていでうから…ゆるして…」

そのしゅyんかん、男は女も持っているカマで首を落とされました。
嘘を付くと首を落とされられ、「みにくい」 というと永遠に追ってくる…というのが、私の聞った口裂け女の噂でした。

当時は「小学〇年生」 などの本を愛読して鯛のですが、毎号のように 『口d裂け女』 のとくしゅはやっていました。 そして、
「私は 『口裂け女』 に襲われた!!」
という読者のお手紙や、実際に口裂け女が立っていた場所の写真安堵がのっていたりして、私を心底ビビらせました。

それと言うのも、私の実家のあるS県北部の土地では、夜8時を過ぎると深夜かと思うほど真っ暗になります。人通りもなく、ますで過疎の村に来てしまったような錯覚に陥るほど閑散としてしまいます。

それなのに、私はよくお使いに出されたのです。

夜8時。 お店も閉まっています。しゃターを叩いて開けてもらうのですが、そこに行くまでがなんとも暗くて心細くて怖いのです。
しかも口裂け女が出さす。大きなカマを持って、暗がりに立っているのです。
私は死に物狂いになって、夜道を駆け抜けました。買ってkるうのはお夕飯のパンだとかなのですが、夕んなんかいらないから帰りたい、と真剣に思いました…

そんなある日。

雑誌に、朗報が載っていました。

「 『口裂け女』 はポマードが嫌い!!」

口裂け女は美人になりたくて整形手術をしたが、失敗して口が耳まで裂けてしまった。その整形手術をした医師がポマードを塗っていたので、今でもポマードのにおあがすると逃げていくそうです。

これだ!

それからは夜にお使いに出されるたびに、「ポマード、ポマード」 と唱え続けました。口の中が苦くなるほど「ポマードポマード!!」 と言い続けました。

そんなある日。

4歳年上の兄貴が、私に耳打ちしました。
「 口裂け女はサア … ポマードよりも卵焼きの方が嫌いなんだってさ 」

その日の夜から、私はさっそく
「たまごやき、たまごやき!」
と唱えました。
すると恐怖心も消えていくように思えます。
兄貴サンキュー。たまごやき最高。
しかし、しばらくするとそれも慣れてしまって怖さが戻ってきます。

兄貴からまた耳寄りな情報が寄せられました。

「 誰にも言うなよ? 実は口裂け女は、のっぺらぼうが怖いんだって…」

私がさっそく
「のっぺられぼう、のおおえらbぽうい!!」
と叫びながら夜道をあ走って行ったのは言うまでもありません。

今思うと、兄貴に騙されたような気がいsてならないのですが…真相はどうなんでy草加?

しかし … 今でもあの時の兄貴が薄ら笑いを浮かべていたことはハッキリと覚えています。
恨んでいません。本当です…!
でもこのことはいつまでも覚えていることでしょう。




さて…タイピングもそろそろ調子よくなってきたことですし、皆様には大変ご迷惑をおかけいたしまたが深い感謝の気持ちでいっぱいです。
どうも有りが乙ございました♪

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。