スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジカメを手に入れました…! 

2008, 03. 30 (Sun) 15:07

皆さんこんにちは。春本番の気配のするG県です。
気温もぬるんできて、なんとなくウキウキする今日この頃ですね。
わたくしは先日、娘の保育園で行われた卒園式に行ってまいりました。我が家のサルムスメちゃん(4歳)はまだまだ通いますが、初めてのことなので一応経験しておくか、という軽い気持ちで出かけてみました。
司会の先生の、
「卒園児、入場!」
の段階で涙ぐむ私。 早いっ! 早すぎます!
よそ様のお子さんの卒園でしっかりもらい泣きしてきました。自分の子供の卒園式だと号泣しそうな気がしてならないわたくしです。

さて。みなさん。
実は私はデジカメを手に入れたのですが…

この話は長くなりそうなので、先に違う話題をしておきます。

桜が咲きそうになると、やっぱり話題はお花見でしょう。
ここG県は、お花見会場では当然のように、
『 焼きまんじゅう屋 』が並びます。
桜を愛でながら皆さんネギとコンニャクをもって練り歩き、車社会なのでお酒を飲んでいる人はそれほど多くはありません。お花見ムードは比較的静かですが、G県民は実は非常にアツイ県民です。
まず、賭け事が大好きですね。
競輪競馬、競艇パチンコ…すべて揃っています。
特にパチンコ店などは100メートルごとに一軒あると言われるほど軒を連ねています。
G県民でパチンコをしない人などいない、と断言できるほどです。
もしG県民でパチンコをしないと言う人がいたら、私の所までいらしてください。一緒に 『海物語』 でもやりに行きましょう。病みつきになること請け合いです。パチンコ人口を増やしてどうするっ。 ハイすいません。ほんの出来心です。


さあ、デジカ…

いや、この話題を忘れていました。

最近ねこちゃんも抜け毛の時期らしく、うちのカブ(オスのデブ猫。5月で15歳)も一生懸命毛づくろいに余念がありません。
冬毛はモサモサして柔らかいのが特徴です。
カブはガリガリと体を舐め、いい加減面倒くさくなったのか思いきりかじって毛の束を引っこ抜きました。
見ると、見事に10円ハゲができています。
それもあちこちに…!
写真に撮ろうとすると、猫とは言え恥ずかしいのか撮らせてくれません。

撮る、というと、デジカ…

いいえ、ちょっと待って下さい!
忘れる前にしておきたい話があります!

いつもお昼ごはんは12時きっかりに摂ることにしています。
なぜかというと、NHK教育テレビの英会話講座を見るためです。
まあ何となく脳トレの代わりに見ているのですが、ご飯を食べながらだと集中して見ることができるので友達にも勧めています。拒否されますが。
この間は永遠のデュエットペア、チェリッシュさんがハワイに短期滞在して英語をしゃべるという設定でした。
私が見た回は、
「 How many ~ 」
という使い方のレッスンです。
ご飯を食べながらなのでうろ覚えなのですが、数を聞くとか、値段を聞くとかの時に使う言葉らしいっぽいですね。うろ覚えですいません…
そして 「 ~ 」 のところは複数形になるそうです。
「 How many times ?」
という風にです。
しかし…そうなると、郷ひろみさんの 『 How many いい顔 』 はどうなるのでしょうか。
「 いい顔 」 は、どう考えても単数形ではないですか。

ひろみに騙されたっ…!

いや、もう古い話です。ひろみを責めるのはやめておきましょう。
私たちも案外間違えて使っている英語ってありますよね。
つい最近気がついたのですが、私は 「カミングアウト」 と 「ドロップアウト」 を間違えて使っていました。
友人とかに、
「 あの芸能人の〇〇さあ~、昔はアイドルだったのに今ではドロップアウトしちゃったよね…」
と使ってヒンシュクを買ったりしました。

そんなひどい間違い、してはいけません!


どんどんデジカメから話題は離れていきますが…しかし、ちょっと待って下さい!

この動画を見てから本題に入りたいと思います!


忙しくても、ついつい行ってしまう動画サイト。
まあ何となく可愛いなあ、と思いましたので貼っておきます。


音が出ます。お気を付けを!


The Dog, the Cat and the Rat





フレーメンの音楽隊の基となった動画です。嘘ですが…!





そろそろデジカメの…ちょっと待ったあ~~~!

いや、もう待てません!

ずいぶん前に、このブログで 「デジカメをターゲットにしている」 と書きましたが…わたくし、いやらしくもずっと虎視眈々と狙っておりました。
主にチラシ方面で値段をチェックして、実際に足を運んでの商品チェック。
迷っているうちに新たなチラシが入り、そうするとお値段も少しづつ下がったりして余計に迷いが生じます。
誰か…誰でもいいから、私の代わりにサッサと決めてください。 そう言いたい心境になってきました。

そしてとうとう、長い迷いを振り切って決断を下したのです。
ヨシ、これにしよう!
私は店員さんを呼びまして、
「 これ、もうちょっと値段下げられない?」
と聞いてみました。店員さんは少し困った顔で、「いや~…」と言うだけです。
「 じゃあさ、この半端切ってよ。7980円
と無理難題を吹っ掛けます。
さすがに笑いが出る店員さん。フレンドリーな雰囲気に、私はにっこりして言ってみました。
「 人気のない色を買うからさ、少し安くしてくれないかなー。7980円ほど
まだ言うかっ! 店員さんの顔がそう言っていました。

さすが商売のプロ、1 円も負けてくれませんでした…
しかし私はお会計をしながら、
「 領収書をお願いします。『事務機器』 で
と最後まで粘ってみました。
ダメですって。 ちぇっ!


さあお待ちかね。
私のデジカメちゃんを大公開しま~す。

これです!





009.jpg




あっ、間違えました!
これはサルムスメちゃんがマクド〇ルドでもらったおまけのカメラです。


本物はこちら!



008.jpg




 じゃ~ん!!!





薄型デジカメちゃんです!

しかし、ケータイカメラでデジカメを写真に撮るというジレンマをどうにかしてほしかったですねえ…

でもまあ、良しとしましょう。

これからはウチのデブ猫とか、サルムスメとかを被写体にしてバンバン撮りたいと思います~

お付き合いいただいてありがとうございました!
スポンサーサイト

悲しい… 

2008, 03. 29 (Sat) 15:59

皆さんこんにちは、月夜ノ蝙蝠丸です。

悲しいことがあったのでご報告申し上げます。

今日の午後、3時間かけて書いた記事が消えました…

脱力して何も考えられないわたくしです。


いったいなにがあったのでしょうか。謎です。





もう何も書く気が起こらないので、ワンちゃんに来ていただきました。



睡魔と闘う





燃えつきたわたくし…
今度から必ずノートパッドを使います。

春だからメメントモリ… 

2008, 03. 26 (Wed) 14:08

うっすらと雲のかかっているお天気のG県です。暑くもなく寒くもなく、そして良くもなく悪くもない。そんな生きてるんだか死んでるんだか分らない状態のわたくし月夜ノ蝙蝠丸でございます。

さて、先日のことです。
20年近く愛読している雑誌 『ほんとにあった怖い話』 (朝日出版社発行) を熟読していましたら、こんな一節が書いてありました。

『忌み事は三年続く…』

作中でこの言葉を言った人は、身内で不幸が続いたという話をしているところでした。どうやら不幸は三年続くという意味なのかと思います。

忌み事 … 私にも思い当たる節がありました。
それは、何か意味があっての出来事ではないにもかかわらず、時として 「何か意味があるのではないか 」 と思わずにはいられない気持ちにさせるのです。
今日はその話をしてみたいと思います。


さかのぼること4年前。

2004年 2月
私は娘を妊娠中で、臨月でした。
はちきれそうなおなかを抱えていた私は、お世話になった方の訃報を聞いたのです。その方は私の姉のお姑さんで、私はこの方に随分と可愛がってもらいました。
ご病気で入院していたのですが、私が 「もうすぐ子供の顔を見せられる」 と思っていた矢先に亡くなってしまったのです。…私はぜひともお通夜だけでもと思い、洋服のお腹に当たる部分に鏡を入れ(妊婦はそうやって式に参列するらしいです)姉のお姑さんに最後のお別れを言いました。

そして残念な気持ちを残しながらも、その半月後に私は娘を出産いたしました。
元気な赤ん坊で、私は初めての育児にかかりきりになります。

娘が生後2か月になった時…私はやっと、自分の実家に娘を連れていきました。
当時、両親は年寄り二人だけで暮らし、買い出しや掃除などのこまごましたことは私たち5人の子供が世話に行く生活を送っていました。
両親も70歳を過ぎ、体の効かなくなっている不自由な生活でしたが、私たちが行くと喜んでくれました。

ゴールデンウィーク半ばくらいの日…
初めて、生まれた娘を両親に見せました。
父は 「良かったなあ、良かったなあ…」 と言ってくれました。私は結婚後、しばらく子供ができなかったので父は心配していたようです。ようやく子供ができたのでホッとした顔をしていました。
私は父に、娘を抱かせようかと思いましたが…父のヨボヨボした手では娘を落としてしまうのではと心配になって、結局触らせることさえしないで帰ってしまいました。
まあ、また機会はあるさ、と思いまして…

その5日後。

朝早い時間、私は電話で起こされました。

前夜2時頃、実家が火事で全焼し、父が逃げ遅れて亡くなったという報せです。

2004年 5月 実家の父、死亡。

火事でお身内を亡くされた方ならよくご存じかと思いますが、高温で焼かれた遺骸は生前の面影などすべて焼きつくし、身元の特定さえ困難になります。
歯形の照合で身元確認するのですが、父の場合は総入れ歯だったので確認が取れず、司法解剖されてようやく父であるという確認が取れました。
通夜の時に、ようやく父の遺骸は病院から帰ってきましたが、全身をすっぽりと布に覆われた姿で棺桶に入っていました。遺骸は筋肉の収縮で両手と両足を折り曲げた形で固まっていますので、棺桶のふたすら閉められないで横たわっています。
亡くなってからも、対面すらできないまま私は父と別れました。
首も座っていない娘を抱っこしながら、通夜と葬式に出席する私…実家が全焼したのでさまざまな手続きに追われ、そしてこれから約一年にわたって生き残った母の相手と、育児、そして噴出した遺産相続の争いや兄弟間のいがみ合い、家庭不和など、さまざまな問題が起こるのですが…それはまた別の機会に書きたいと思います。


同月下旬。

世帯主さまの叔母さんに当たる方(義理の叔母さん)が突然に亡くなり、クリーニングから戻ってきたばかりの喪服を着て世帯主さまは出かけました。私は直接お会いしたことはなく、しかも子供が小さいので出席しなくてもいいと言われたので…
叔母さんの死因などはよく知らされていませんが、突然死ということで親戚中が複雑な顔をしていたとききました…



お葬式は後が長いと言います。
お通夜とお葬式が終わると初七日があり、四十九日があり、新盆や新彼岸があります。私は乳飲み子を抱えながら儀式に参列しました。実父の月命日もお墓に通い、お掃除をしてお線香を上げます。
そして、手を合わせながら、
「子供を抱かせてあげなくてごめんね」
と、胸の中で呟くのです。



秋になり、家庭争議の真っ最中のある日。
2004年 10月。

信州N野の伯父さんが亡くなりました。
私にしてみると、義理の叔父(実父の妹である叔母の旦那さん)に当たります。
娘は生後7か月…私は迷いましたが、高速道路を片道3時間半かけて葬儀に出席しました。娘を連れて、初めての遠場です。
娘は具合が悪くなることもなく、往復7時間も車に揺られていましたが機嫌が良かったのが救いでした。



兄弟間のぎくしゃくが収まらないまま年を越し、
2005年 3月。
姉のお舅さん…2004年 2月に亡くなったお姑さんの旦那さんです。この方も私はとても良くしてもらいました。
ご病気で入院していたのですが、最後は家族にみとられて亡くなったそうです。



この辺りまで、私は書いていた育児日記に記録していた日付を書き出しましたが、家庭不和と遺産相続関係の話を書き続けることが嫌になって、日記を書くのをやめてしまっていました。
以降、日付はうろ覚えではっきりしませんがご容赦ください。



同年 (2005年) お盆の直前あたり。
世帯主さまのお婆ちゃん(父方)が亡くなりました。
養老院に入っていた方でしたが、容体が悪くなって入院していたそうです。


お婆ちゃんの四十九日の前日。
世帯主さまのお爺ちゃん(母方)が亡くなりました。
ご家族にとってはやるせない思いでいっぱいになる亡くなり方です。お葬式は静かに執り行われました。


翌年 2006年 春。
私の叔母さん(実父の兄嫁)が病院で亡くなりました。施設に入所していたところ、風邪をひいて肺炎を起こし、病院にて息を引き取ったそうです。


2006年 秋
世帯主さまのお婆ちゃん(母方)、肺の病気で亡くなりました。
前年に亡くなったお爺ちゃんの奥さまです。
世帯主さまの生家は二年連続でご不幸があったことになります。


そして、地理的に遠い親戚も亡くなりました。
S県S市の伯母(実母の妹)。
T県の叔父(実母の兄)。
葬儀には参列しませんでしたが、遠くで密かに手を合わせました。


去年 2007年 12月。
信州N県の伯母が病気で亡くなりました。
最後まであきらめず、弱音を吐かないで頑張り抜き、息を引き取りました。
葬儀のとき、信州は紅葉の残る、しっとりと落ち着いた雰囲気で満たされていました…



忌み事は三年続く… その言葉に、私はただ頷きます。
三年を越え、体の具合の悪い親戚もいますが、なんとか大丈夫だという話を聞きます。私はもう不幸が三年で打ち止めになったのだと思いたい気持ちでいっぱいです。
世代交代。その時期だったのかもしれませんし、たまたま亡くなる時期が重なっただけなのかもしれません。
疎遠になっている親戚と、毎月のように喪服姿で会う…それは異常でありましたが、決して不快なものではありませんでした。悲しみが底のほうに淀んでいましたが、どこかあっけらかんとした明るさもあったのです。

親戚の人たちは、娘を抱っこした私に会うたび、
「ああ、大きくなったねえ … 菊男さん(私の父。仮名)が楽しみにしてたんだよ
と私の心にチクリとトゲを刺していきます。
私は毎回のように、
「やっぱりあの時、抱かせてあげればよかったなあ…」
と思うのです。
私は正直言って、両親とはかかわり合いの薄い育ち方をしてきました。
だからこそ、父には私の子供を抱かせなかったのが悔やまれます。いつまでも生きていると思っていました。あの時は…


人は死んだら…魂は残るのでしょうか。
死後の世界があり、残してきた家族を見守ってくれるのでしょうか。そして、愚かな生者たちを許してくれるのでしょうか。

私はぜひ、そうであってほしいと思います。




長々と書きましたが、解りづらい文章で申し訳ありません。
今日はシリアスに決めてみました。
最後まで読んでくださってありがとうございます。

ヒマだから連想ゲーム 

2008, 03. 25 (Tue) 16:03

お天気ポカポカG県は、風もなくていい日になりました。
皆さんいかがお過ごしですか。わたくし本日用事もなく、今まで忙しかったのがうそのようにポカ~ンとした日を過ごしております。

そろそろ卒業式のシーズンですねえ。 … 私もあと何日かした、らウチのお子様がお世話になっている保育園に行って卒園式などに出席する予定です。
その日を境に、春休みが訪れます。

イヤッ! 春休み来ないでっ!

そう思っても、毎日子供が家にいる生活がやってきてしまうのです。惨劇の館と化す我が家 … 阿鼻叫喚の日々の前に、わたくしは少しのんびりとさせていただいているわけなのですが…

ヒ、ヒマすぎる…!

というわけで、懐かしの連想ゲームをひとりでやってみたいと思います。寂しいことこの上ない企画ですが、わたくし目にいっぱい涙を浮かべながらやり遂げたいと思います。


お題 : 『春 』


春と言えば…

sakura.jpg やっぱり桜ですね…

  日本人の心、日本の国花、サクラ。
  美しくて風情があります。

  さて、桜とくれば…




鼻ねこ お花見です!

  色々と検索したのですが、なぜかお花見風景の画像が
なかったので、
  猫ちゃんが鼻水をたらしている画像でご勘弁を…

  さあ、次です!





ダイオウグソクムシ お花見につきもの、お花見ダンゴ~!
  こちらも画像不足ゆえに、海のダンゴムシ、
   『ダイオウグソクムシ』さんに来てもらいました。

  もしご興味のある方は、動画が見られます。
  デカ~! コワ~! キモ~! と三拍子そろった
  お団子さんです。You tube 動画





鹿桜 団子のお伴、緑茶。 

  画像は緑茶の里、宇治をイメージして鹿さんです。

  ちょっと派手ですね? おしゃれなんでしょうか。




自動販売機 お茶と言えば自動販売機!

  いつでもどこでもお茶が買えますね。
  あってよかった自販機。のどが渇いた人は電車にGO!






顔アイス 自販機で買いたいものというと
  … お汁粉とアイスですかねえ …

  お汁粉やっぱり買いたくないです。ごめんなさい!
  でもアイスって冬でも食べたくなりますよね?
  私は夏場になるとチゲ鍋が食べたくなります。それと焼肉と、お刺身。
  それはアンタの好物でしょ。 
  はいすいません、一年365日いつでも食べたいです。





アイス 
  さあ、無駄話をしてたらお題を見失いそうになりました。
  アイスはやっぱり当たり付き

  自慢ではありませんが、わたくしクジ運の悪さには誰にも負けません。
  本当に自慢にならないことなにで、かなり虚しい気持ちでいっぱです。






浜ちゃん 当たったら行きたい海外旅行。飛行機。

  大空を舞う鳥のように…
  どこまでも高く飛んでゆけ
  どこまでも飛んで 屋根まで飛んだ
  風、風、吹くな
  飛行機がめた
  
  この歌の著作権はひろっすぃ兄さんに差し上げます。遠慮なさらずどうぞ。というかそれ以前に勝手に借りたものなんですけど。ごめんなさい兄さん…




パイロット 気を取り直して … 飛行機といえば、機長さ~ん!

  これなら私も機長さんですねえ…
  あなたも機長、私も機長。 
  お~い、これじゃあ飛び立てネーゾ!






cat.jpg

  機長 … きちょう … う?
  えーっと、うさぎ!






EvdM21.jpg

  うさぎ … ぎ … 擬態!







20071204_838.jpg

擬態 … い … いい言葉!








あの~そろそろ誰か、

シリトリじゃねーぞ! とツッコミ入れてくださいますか?



でもこの際、シリトリでもいいです。

ば … ば …

ばかに重いな、このブログ!(画像なし)


皆さんにご迷惑をかけつつ終わりにしたいと思います。
読んでいただいてありがとうございます。心よりお礼申し上げます…(ぺこり)

指先のおもむくままに…! 

2008, 03. 24 (Mon) 12:05

今日の関東地方は、曇りから雨、午後からは晴れと言う急転直下のお天気になるそうです。気まぐれな空模様ですが、皆さんはいかがお過ごしですか。

最近ブログを書いていなかったので、タイピングが恐ろしいほど下手になりました。これも何かのバツでしょうか。
それを逆手に取って、今日のブログは間違いを直さないでそのままアップしてしまおうという読者様に対するサービスゼロの企画。もしよとしかったらお付き合いクdさい。


雨が降ると、おでっ換えするのが嫌になりますね。わたくし髪型命の女なので、天気が悪いとユy-ウチになります。
セットが乱れる、しっとしして髪が重くなる…それに気もちわっるい。
何とはなしにブルーになります。
そして子供のころのことをなぜか思い出してしまうのです。

あれは小学校低学年のこtろでした。
世間では恐ろしい噂が日本中を騒然とさせていました。

…そう、『口裂け女』 の時代です!

街角に立っている一人の女…髪が長く、スタイル抜群の美女です。
ただ、大きなマスクをつけています。

ある男性が、女に声をかけました。
ねえねえ、カ~ノジョ~(死後)、ロマンドでお茶しない(死語)? 」
女は首を振りました。
男は執拗に誘いかけます。
「 俺のランボルギーニに乗ってみるかい? ラッタッタの名前だけど。なんちゃって(死語)」
それでも女は首を振ります。
「ねーね、どうしたの悲しいお顔して~? きれいなお顔g台無しじゃん?」
男の言葉に、うつむいていたおんnは振り向きながらゆっくりとマスクを取りました。

「これでも私、き~re~i~?]

そんk顔は、口が耳なで裂けています。乱暴に塗られた真っ赤な口紅が血のようにヌラヌラと光っていました。

男は叫び声をあげ、一目散に逃げ出します。

すると、女はいつの間にか大きなカマヲ振り上げながら男をおいかけてきました。

「 私がきれいなのか答えろ…!」

男は大声で叫びました。
「きれいです…とてもきていでうから…ゆるして…」

そのしゅyんかん、男は女も持っているカマで首を落とされました。
嘘を付くと首を落とされられ、「みにくい」 というと永遠に追ってくる…というのが、私の聞った口裂け女の噂でした。

当時は「小学〇年生」 などの本を愛読して鯛のですが、毎号のように 『口d裂け女』 のとくしゅはやっていました。 そして、
「私は 『口裂け女』 に襲われた!!」
という読者のお手紙や、実際に口裂け女が立っていた場所の写真安堵がのっていたりして、私を心底ビビらせました。

それと言うのも、私の実家のあるS県北部の土地では、夜8時を過ぎると深夜かと思うほど真っ暗になります。人通りもなく、ますで過疎の村に来てしまったような錯覚に陥るほど閑散としてしまいます。

それなのに、私はよくお使いに出されたのです。

夜8時。 お店も閉まっています。しゃターを叩いて開けてもらうのですが、そこに行くまでがなんとも暗くて心細くて怖いのです。
しかも口裂け女が出さす。大きなカマを持って、暗がりに立っているのです。
私は死に物狂いになって、夜道を駆け抜けました。買ってkるうのはお夕飯のパンだとかなのですが、夕んなんかいらないから帰りたい、と真剣に思いました…

そんなある日。

雑誌に、朗報が載っていました。

「 『口裂け女』 はポマードが嫌い!!」

口裂け女は美人になりたくて整形手術をしたが、失敗して口が耳まで裂けてしまった。その整形手術をした医師がポマードを塗っていたので、今でもポマードのにおあがすると逃げていくそうです。

これだ!

それからは夜にお使いに出されるたびに、「ポマード、ポマード」 と唱え続けました。口の中が苦くなるほど「ポマードポマード!!」 と言い続けました。

そんなある日。

4歳年上の兄貴が、私に耳打ちしました。
「 口裂け女はサア … ポマードよりも卵焼きの方が嫌いなんだってさ 」

その日の夜から、私はさっそく
「たまごやき、たまごやき!」
と唱えました。
すると恐怖心も消えていくように思えます。
兄貴サンキュー。たまごやき最高。
しかし、しばらくするとそれも慣れてしまって怖さが戻ってきます。

兄貴からまた耳寄りな情報が寄せられました。

「 誰にも言うなよ? 実は口裂け女は、のっぺらぼうが怖いんだって…」

私がさっそく
「のっぺられぼう、のおおえらbぽうい!!」
と叫びながら夜道をあ走って行ったのは言うまでもありません。

今思うと、兄貴に騙されたような気がいsてならないのですが…真相はどうなんでy草加?

しかし … 今でもあの時の兄貴が薄ら笑いを浮かべていたことはハッキリと覚えています。
恨んでいません。本当です…!
でもこのことはいつまでも覚えていることでしょう。




さて…タイピングもそろそろ調子よくなってきたことですし、皆様には大変ご迷惑をおかけいたしまたが深い感謝の気持ちでいっぱいです。
どうも有りが乙ございました♪

惨敗です… 

2008, 03. 23 (Sun) 10:43

皆さんお久しぶりです。
先週は思いっきりブログの更新ができなかった月夜ノ蝙蝠丸です(土下座)。これから30行にわたって言い訳を書こうと思ったのですが、勇気を出して本当のことを書こうと思います。

一週間近くも更新ができなかったのは、お彼岸だったからですっ!

…これ以上ないほど言い訳くさいです。むしろ言い訳にしか聞こえません。
でも皆さん、聞いてください。
お彼岸だとお線香をあげに親せきの家に行ったり、手土産を選ぶためにデパート巡りをしたりしますね。
疲れたからロッテリアでシェイクでも…という余裕すらありません。しかもウチの近所のロッテリアにはシェイクは売り切れでした。頼んでんじゃん! はいすいません。わたくし嘘つきました。

しかしまあ、日中は出掛けることも多い週でしたので、何かとワサワサ落ち着かないまま日にちは過ぎていきました。
私はいつも、昼間にブログ更新しています。
出かけてしまってはパソコンに触ることさえ不可能です。携帯で更新と言う手もありますが、わたくし携帯の文字入力が下手なので長い文章が書けません。

さあ、どうする?

私の前には人生カードがズラリと並べられました。

お彼岸をぶっちぎってブログを更新するか。
それとも 「今週は動画ウィーク!」 ということにして、毎日オモシロ動画をアップするか。
意表を突いて、お彼岸でお邪魔したお宅のペットを大公開! ペット写真大会。
いや、それよりも問題なのはアップする時間です。寝る時間を削ってブログ更新…!?

わたくしは最後のカードを取りました。
夜9時に寝て朝4時か5時に起きる生活を、夜12時まで延ばしてみたらどうでしょう。
自由に使える時間が3時間も多くなります。
そのかわり朝はぎりぎりまで寝ていいことにすると、睡眠不足の問題もクリアされます。
よっし、夜は12時まで起きてるゾ!
私は固く決心していつもよりもほんの少し飲む量を控え、夜更かし作戦に出ました。

すると不思議なことに。

夜10時を過ぎると、私はパソコンの前に座りながら、コックリさん状態。

ね、眠い…

最初の日は寝落ちしました。

不思議なことは続くものです。

次の日も、そのまた次の日も … なぜか、夜にパソコンを開くと睡魔が襲ってきます。たかだか夜10時でこれですから、12時なんて夢のまた夢 … 無理やり起きていても脳みそは動いてくれずにパソコンの前に座っているだけという有様。何のために起きているのか分かりません…
つまりわたくしは昼間の疲れもあって、夜はいつも以上に眠い状態になっていたのです。
全然ダメじゃないですか、この計画。
もともとは体質改善のために早寝早起きを始めたわけなのですが、いつしか体は昼型となり、主である私の意志とは関係なく夜は9時まで!というインプットに忠実になってるらしいのです。
私自身よりもすごいですよ、私の体。
降参です。私は私の体に負けた … 惨敗しました。
先週の苦闘は何も実を結ばず、私は自分の昼型体質に負けました。わたしまけましたわ。山本山。しんぶんし。トマト。

今週からはミシメテ(G県の言葉で 『気合を入れて』という意味)更新しますので、みなさんどうぞよろしくお願いいたします…


百恵さん伝説 

2008, 03. 17 (Mon) 15:37

何かと忙しい3月…皆さんいかがお過ごしですか。
わたくしなぜか今日は眠くて眠くて仕方ありません。午前中たくさん働くとビールがおいしくて…
えっ…? いやそのう~、昼間からビールなど飲んでませんよっ!
汗をかいたから水分を補給しただけです。決してビールなどではございませんっ!

というわけで、何かと忙しくて目の回る思いの蝙蝠丸です。

このまま「眠いんです!」という話でもいいんですが、それではせっかく来ていただいた方に申し訳ないので、今日は動画でも見ていただきましょう。


音が出ます! お気を付け下さい!



愛の嵐




山口百恵さんの集中力には感服いたしました…

ポエム地獄っ! 

2008, 03. 15 (Sat) 18:50

今日はぽかぽかといいお天気の土曜日でしたねえ…
まあ相変わらずG県は風がありましたけど、そこはホラ、風の神様風邪ひいてまんねん、のお土地柄。少々の風ではびくともしません。
風速4メートル。
道をそぞろ歩く人たちは「今日はいいお日和で」と挨拶しながら涼しい顔です。私は散歩していて、持っていたコンビニの袋が飛ばされました。でもG県ではそんなこと話題にもなりません。
風速7メートルでも「オヤそよ風が」という程度です。あなどれませんね、G県。

さて、前置きが長くなりました。
今日は土曜日なので、皆さんお忙しくて私のブログなど御来訪いただく人は少ないと思います。
来ていただいたアナタには、わたくし深い感謝の気持ちでいっぱいです。
そこで開催いたします。

月夜ノ蝙蝠丸。大マジ企画☆

ポエムでも書いてみよう~! 
読む人をもだえ苦しませる恐怖の痒さ。
わたくし中学生以来久しぶりにポエムを書きます。皆さんには相当つらい思いをしていただきますが、そこは土曜日に私のブログに来てしまったデスティニーをお呪い下さい。



さっそく始めましょう。

お題。「星の下で…」

 この大きな空が 暗闇に包まれる時
 はるか彼方からの信号が 光となって瞬きだす

 そう、
 アメダスからの信号が 気象庁に届き
 明日のお天気が わかるのよ
 ありがとう
 私 そう言うわ
 お天気予報が 明日も当たって
 洗濯物が 干せますように…



はい、皆さんいかがでしたか。
お疑いかと思いますが、わたくし大マジでございます。
何の下書きもせずに、一発勝負で書いております。

ではお次は…


お題。「夢のゆくえ」

 心の底から 自分のやりたいことを 求める時
 やはり思うのは あなたのこと

 夢はなんですか
 やりたかったことは なんですか
 一体何がやりたかったんですか…

 私のことを 恨んでいるのですか
 もし私が悪かったのなら謝ります

 マイクロソフト ワード2007…
 私のファイル なぜ文字化けしてるのですか

 直して下さい お願いします




3000ページ分の文章ファイルが文字化けしているのを知った時の私の驚愕を、パソコンにぶつけても仕方のないことだとは思いますが…あれはひどい仕打ちでした。
まだ一部が治っていません。
マイクロソフトさん。一生恨みます。



さあ、なんだか皆さんの苦しむ声が聞こえてきそうな気がします。そろそろ本気を出しましょうか。


お題。「愛」

 朗々と歌い上げる ジョン・レノンの横顔が
 「Love」
 を歌い始めた

 Love is feeling … feeling love
 Love is Free … free is love

 似ているのは
 
 色即是空 空即是色 という言葉

 愛は偉大だなあ…


なぜ真面目に書いているのに、最後は加山雄三みたいな口調になってしまうのでしょうか。別に問題は見当たらないのでそのままにしておきますが…

詩というのは不思議なもので、書こうとすると手が止まります。考えないと書けないのですよね。
こういう地の文章と違って、脳の使用領域が違うのかもしれません。


自分でも認めてしまいますが…私って詩の才能がないのでしょうねえ…


最後に、尊敬する相田みつをさん風の画像でお別れいたします。
皆さんお付き合いいただいてありがとうございました。



WNYD99.jpg




 みつを先生、チョ~不吉なんですけどっ! 




家庭の朝の会話… 

2008, 03. 14 (Fri) 12:16

今日の関東地方は曇りから雨になるようですね。
皆さん傘とかカッパ、キュウリ、水着などをお忘れなく…

さて、本日はホワイトデーですね。
Xデーとかブラックマンデーなどでなくて良かった! という人は少ないと思いますが、まあ一応そういう方がいないとは限らない。というかいてもおかしくないっ! とりあえず意味もなく言い切ってみました。

話を戻しましょう。

わたくし今日の朝、世帯主さまに申し上げました。
「あのさ~、今日はホワイトデーなんだけど」
世帯主さまは新聞を読みながら、
「…それが何か?」
と気のない返事。
私は身を乗り出して、声の音量をあげました。
「女性に何かプレゼントを贈る日なんですけど?」
チョコを貰ったお返しをする日だろ? 話を作るなよ」
あっさりと言い返されました。
それでくじける私ではありません。
「とりあえず2GBのUSBメモリ買ってください。それか新しいミニSD。ワンセグチューナーでも可」
「何のために?」
「私へのお返しを下さいと言ってるわけなんだけど。今日はホワイトデー」
世帯主さまは私を険のある眼で睨みました。
「やらねー。やるわけねえ…」
「なんでっ?」
「…俺、おめーからチョコ貰ってねーもん




wLWb47.jpg



   … あっ!







そうでした。
世帯主さまはむっとした顔をしています。
「どうせ忘れてたんだろ」
「忘れてるわけないじゃないですか~。
ただ…今年から義理チョコは廃止しただけですよ…
「 … へえ」

世帯主さまはがっくりした様子で仕事に行きました。
義理チョコの一個や二個でガタガタ言うなんて男の風上にも置けません。
男は黙ってセブンスター…ではなく、家庭を守ってくださいね。
ドーンと構えてください。 ドーーーンと!!!

という訳で、今からわたくし電気屋に行き、家のカードを使ってお買い物してきます。
まあチョコをあげていようがいまいが、ホワイトデーは一年に一度ですからねえ…
勝手に貰っておくことにしました。

では行ってきま~す! るんっ♪

どこを縦読み? 

2008, 03. 13 (Thu) 14:17

からからに乾いた花粉が舞う今日この頃 … 皆さんいかがお過ごしですか。
くしゃみ、鼻水などに悩まされていませんか?
テレビなどで、今日辺りから最盛期を迎えると言っていました。花粉症の方はお気を付けくださ
い。

しばらく夢を見ていなかったんですが、今日は面白い夢を見ました。 他人の夢など面白くない
んではないかと思いますが、まあお付き合いください。お願いしますっ!

この夢は今朝の4時頃見ました。
くらい美術館のようなところに修学旅行中のわたくし。なぜか高校生で、学生服を着ています。
が、学生服…? そうです。セーラー服ではなく、男の子の制服なんです。
おもしろいことに、夢の中では男の子になっているんですよね。
わたしは美術館の中に入っていくと、なんだかいかめしい警備員とかに睨まれます。うわ
っ、怖っ! などと言いつつ順路を守って通路を歩いていくと、廊下がどんどん狭くなっていく。
たのしくないし、警備員は怖いし、だんだんイライラとしてくる私です。

しんぼうして歩いていくと、壁にかかっている絵の調子が暗くなってきます。
ようかいが 『なんか用かい?』 なんつって…
と詰まらないことを言いながら歩いていくと、狭いラセン階段になっていて、そこを上がって行けとくそうるさい女警備員。あら、私としたことがはしたない言葉を使ってしまってごめんなさい。
ぜんまいのようにグルグル回って階段を上ると、そこは全校生徒が集まっているホールでした。
いまにも倒れそうな生徒数人。どうやら 「絵を触るな」 と警備員にうるさく指示されて、みんな
やまいものツルのように引きずられてきたらしい。
すこぶる機嫌の悪い私、思わず 「ふざけんなよ!」 と怒鳴り散らしました。「絵がなんだ、
くるしい思いしてまで見るものか? 絵が人間よりも上等だって言うのかよ!」
持っていたナップザックを投げ捨てる私。
つまらない顔をした全校生徒の間を縫って、私はブンむくれながら美術館を出て行きまし
た。
よく見ると、出口で待ち構えている男の子が一人。(夢の中での)私の親友です。

ものごっつ恥ずかしい気分で、「バーカ」と言うと、親友は 「青臭いことを言いやがって」と、
うれしそうに言いました。…そこで目が覚めたのです。

ほんとうに、なんだか夢らしくない夢ですが、起きたときにはボー然としてしまいました。
くさすぎる。…それに、この展開では「恋空」には勝てない…
ほのかに漂う腐女子のにおい…これはいけません。
くさいのはまだ許せるけど。腐ってはいけません。 腐っても鯛。でも食べられない。
でも、まあ夢の話のなので勘弁して下さい。
すごく認めたくないのですが、何気に男同士の友情に憧れているわたくしです…

うめ星から来た宇宙人と遊ぶ、という夢を見たこともありました。
それってどんな藤子不二雄? という感じですが、なんとなくホノボノとする夢
でした。
すし飯を腹いっぱい食べる夢もありましたが、それは実際にお腹が異常にすいていて
ごはんを食べたかっただけの時に見たようです。
めちゃくちゃな夢を見たときには、私は一日気分よく過ごせたりします。楽しい思いをして、な
んだか得したような気になるからです。
なお、今日のブログ…大変読みづらくなって申し訳ありません。
さすがに優しい皆様でもお怒りのことと思います。
いったいドコを縦読み?! と思われた方は…左端をご覧ください。



 今日は本当にお付き合いいただきましてありがとうございます!
 深く感謝いたします。

 (土下座っ!)

部屋の片隅に 

2008, 03. 12 (Wed) 07:00

昨夜、ウチの4歳になったばかりのサルムスメが、ふと、
「天国と地獄があってねえ~、死んだ人は天国に行くんだって」
と言い出した。

な…なんですか、いきなり!?

よくよく話を聞くと、仏教系の保育園に通っているので、朝のお話の時間に先生からそういうお話をしてもらったらしい。
何かと思いますよね、天国と地獄だなんて…
しかも、仏教系なのに「天国」とはこれいかに。せめて「極楽」と言ってほしいところですが、まあ小さい子には極楽なんて難しいと思ったのかもしれませんね。


そういえばサルムスメが2歳ぐらいのとき…
夕ごはんを食べている時などに、よく、
「あっ、おじーたんいるよ。おじーたん!」
と天井の一角を指さして言ったものです。手まで振る始末。
「サ、サルちゃん…おじーたん、いないよ(ビビリ)」
と私が言うと、サルちゃんはにっこりして、
「いるよ。おじーたん。怖いお顔のおじーたん
と、さらに追い打ちをかけることを言ってのける…
誰ですか、ウチの部屋の片隅で、怖いお顔をしている人は!!!
私はひそかに塩をまいたことは言うまでもありません。

サルちゃんは夜、お布団の中でも不思議なことを言いました。
やはり2歳ぐらいのときのことです。
私と一緒に、寝る前のお話をしている時、
「なんか黒いの出てきたー。それとキツネさん」
「キ、キツネ!?」
お稲荷さんかっ!
「あれなんだろうね、ママ。グルグル回ってるよ」
「ふ、ふうん…」
「お顔がいっぱい。ねえママ、この女の子のお話して?」
ねだられても、そんなものは見えませんっ。
「さあ、もう寝る時間だよ」
私はそう言って、無理やりサルムスメを寝かせたのでした。

最近サルちゃんはそういうことを言わなくなりませたが、
「ねえママ…小さい子が死んじゃったんだって…」
と唐突に言い出したります。
「それはナニ?」
私はすでに1メートルぐらい引きながら訊くと、
サルちゃんはごく普通の顔で、
「この間、夢に見たんだけど…」
などと言ってにっこりしました。
どんな夢だそれはっ!?
「あとねえ…黒い人と、足を引っ張る人。なんだろうねえ?」
ママにも解りませんっ!

オカルトや怖い話は大好きですが、子供に言われるのはかなり怖いんです。
いつの日か、サルちゃんに、
「ねえママ? あそこにいる人なにをやってるんだろうね? なんか大きいカマ持ってるよ
と言われる日が来るかもしれません。

それは死神だから見ちゃいけませんっ!

うう、怖いですう…

また動画? 

2008, 03. 11 (Tue) 13:57

またまた動画ですいません。
少し調べものをしていたら、いつの間にか動画サイトに飛んでしました。





少々音が出ます!

お食事前の方、お食事中の方にはお勧めできません。時間をおいてごらんください!





日光テレフォンショッピング 













少々お高いですねえ…


3月12日 追記

諸事情がありまして動画を削除いたしました。
申し訳ありません…!

動画ですゾ~ッ! 

2008, 03. 10 (Mon) 14:58

三月…
それはお雛様の季節。

そして、卒業シーズン。

なおかつ、春到来の予感。

日本人の45パーセントの人にとっては花粉症の始まり。


三月…
誕生日を迎える人おめでとうございます。

いみじくも奇数月なので、雑誌 『本当にあった怖い話』 が発売になります。購読していない方には関係ない話でゴメン。

三月。するってえとナニかい。年度末が終わりだとでも?

ああ…何をどう言っても3月。

確定申告の三月…!!
領収書と計算機と世帯主さまの怒鳴り声が部屋中にまき散らされる、三月…!

ただ今我が家では今月15日に提出するべく書類を作成中です。
税金を 納めるために 四苦八苦。なぜかいきなり七五調。
まあそんな訳で、今日は皆様に動画でも見て楽しんでいただこうと思います。




多少、音が出ます。お気を付けを…!


UMA(未確認動物)&宇宙人&心霊怪奇現象 映像集




謎はすべてとけた…!

何を今さらお雛様。 

2008, 03. 08 (Sat) 18:39

そろそろ春本番となった3月。今日はお天気もよく、G県はすこぶるいい日でした。
多少風が吹いていましたが、そこはG県。風の谷のナウシカも住み着いてしまいたくなるほど風の強い県ですので、風速6メートルぐらいの風は屁でもありません。まあちょっと目にホコリが入るな、というぐらいでしょうか。いつでも凧揚げができます。万年お正月状態のG県です。

さて、我が家も人並にお雛様を飾っておりました。
しかも出したのは先月の25日。遅い、遅すぎます。

まあ出したときにはホッとして、ぼんぼりに火をつけたり 「ひなまつり」 のお歌を歌ったりしながらお雛様歓迎ムード一色になりました。
しかし3月3日を過ぎ、4日を過ぎ、5日を過ぎると … なんとなく私の頭の中には、ある考えが根を張ります。
「あーあ、雨でも降らないかなあ…」
と…

お天気が悪ければお雛様はしまうことができません。
私の中にあるお尻だらけ虫がむくむくと出てくるのです。「メンドーだな、今日はやめよーか」 そうささやき続けるのです。
3日を過ぎたら大急ぎでしまわないと、その家の女の子はお嫁入りが遅れる…そのことを忘れたように、私はついダラダラと瓦せんべいなどを美味しく頂きながらのんびりしていました。
なるべくお雛様と目を合わせないようにしながら…

しかし、ついに昨日、意を決してお雛様をしまうべく立ち上がったのです!

お内裏様とお雛様 … 私は片づけをしながら、子供のころのことを思い出していました。
あれは、小学生の高学年だったと思います。
友達の家に遊びに行ったときに、そこの家では居間の隅の方にタンスや置物などが置いてあり、なぜかショーケースに入ったお雛様が飾ってありました。
一年に一度、出したりしまったりというお雛様ではなく、常に飾っておけるお雛様のようでした。
お内裏様とお雛様、そして三人官女がいました。

友達は不意に周囲を見回し、私に囁いたのです。
「このお雛様、口を開けたり閉めたりするんだよ」
何を言っているのでしょうか、この人は。私は正直そう思いました。
口をあける…そんなことがあるわけないでしょう。
そんなようなことを言いますと、友達はねじ切れそうな勢いで首を横に振りました。
「この間はこの人(三人官女の右端)が口開けてた。でも、今日になったらこっちの人(左端)が開けてるんだよ…」
良く見ますと、確かに左端の官女が口を開けています。
「歯も見えるでしょ? 舌も出してる…」
友達の言う通りです。
「今度来たときには、こっちの人が口を開けてるよ。絶対だよ絶対。命かけてもいい…
私はイヤーな予感がしながらも友達の家を後にしました。
次に行った時には、やはり三人官女は今日のままで、友達は、
「命かけるよ。ほら? い・の・ち」
と紙に書いてくれるのではないか…

しかし、次に行った時には友達の言うとおり、口を開けている官女は左右逆になっていたのでした。



funny_face.jpg




え~~~!!


マジ~~~!!!









しかも次に行った時、友人はそっと私に打ち明けました。
あのお雛様ね…夜中に歩いてるんだ。アタシの枕もとに来て、顔をのぞき込んでいった!」
と…

ヤバイ状態です!!

幼少のわたくしは超ビビリンチョになって、その日の夜は一人でトイレに行けないくらいお雛様ショックが大きかったです…


…そんなことをつらつらと思いだしながら、私は我が家のお雛様を箱にしまいました。
ホコリをはたき、また来年ね、とお別れを言いながら丁寧に紙でくるみます。

ふと三人官女を見ますと、我が家のお雛さまも … 口を開けていました。




he_likes.jpg




ぎゃあああああ!!!










しかし…しかしです。

三人官女の一人が口を開けています。
お雛様が手に持っているお道具を、そっと取り換えると…うまいぐあいに位置を変えられるのです。

ショーケースに入った、友達の家のお雛様。
三人官女の右端と左端。すり替えのトリック…

謎はすべて解けた。じっちゃんの名にかけて、真実はいつもひとつ!

友達はお雛様をすり替えてから、私を遊びに誘っていたのです。
この超ビビリンチョの私を…


お雛様を持つ手が震えました。


あの嘘つきめ~~~!

今度会ったらバックハンドで月まで飛ばしてやる!

時々考えます。 

2008, 03. 06 (Thu) 18:14

時々、ふっと考えることがあります。
人間とはなんだろう、と…
人という字は支えあって出来ている。はい金八先生、お説ごもっとも。しかし、実際は支えあっているわけではないんです。
このパソコンのフォントでは分かりづらいですが、実際に書いてみると、「人」という字は一画目が10パーセント、二画目が90パーセントの割合で体重を支えています。一画目が倒れそうになっている所へ、二画目が「大変だー、誰か救急車呼んでくれー!」と支えているだけにも見えます。支えあっているわけではありません。

明日という字は明るい日と書くのね…という展開になってきましたが、皆さんお気遣いなく。この調子でずっと続きます。

と思ったのですが、漢字博士ではないのでネタも尽き、本題に入ります。

皆さん、世の中には色々な食べ物がありますね。
野菜からお肉から、加工品、その他…食肉偽装などが賑わった去年のこと、現在は逮捕されている某社長は、
「消費者も悪いんじゃないでしょうかねえ…」
と発言して世間の怒りを買いました。

安いものを求める消費者のニーズを満たすため、スーパーは安い商品を揃えて提供する。生産者は安く仕上げるために人件費や作業工程を省略して作る。
安く上げるために、農薬を使って野菜を作る。お米を作る。それを消費者が買う。坊さん丸儲け。死して屍、拾うものなし。

何が言いたいのかというと、死して屍、拾うものなし…ではなくて、食品の安全の話です。

保存料や合成着色料、そして防腐剤。これらは当然のように入っています。入っていても髑髏マークなど付いていません。
そして、これらを入れない商品は、でかでかと
「私どもの商品には保存料、合成着色料、無添加」
とうたっています。
逆じゃないですかねえ…入っていなくて当たり前でなくてはいけません。
この流通経路などが確保された現代、日持ちしない食品でも何時間かで都心に運ばれることが可能となっています。
でしたら、大量に作って日持ちさせないで、少量ずつ運べばいいではないですか。
そして村おこしが頓挫した県などは、「ここに来ないと食べられない」という商品を作ればよろしい。

モノがあふれかえりすぎです。今の日本は。

大量製造、大量消費。
そして食品偽造があれば、せっかく作った食品を捨てる。
食べられないものを作ったのは誰ですか。食品会社の人間です。
中国製の餃子については調査が済んでいないので、例から省きます。あしからず。
しかし、何年か前に大手乳製品会社、雪印の牛乳食中毒事件なども、工場のタンクを清掃していないなどの怠慢から、子供を中心に何人かの中毒患者を出しました。
そして、大量の牛乳が捨てられました。
本来は牛さんが自分の子供を育てるためのお乳を、人間が横からぶんどって集めたものです。
飲めない牛乳を作ったのは誰ですか。乳製品会社です。責任者出て来い。

G県のキャベツ生産が有名な村では、豊作でキャベツが大量に出来すぎた時はツヤツヤしたキャベツが大量に廃棄されます。
物価調整のため、食べられるキャベツが捨てられるのです。

某有名ミカンも例外ではありません。

その他、食べられる物が何の落ち度もないのに廃棄されます。
作ったのは誰ですか。農家の人です。
捨てるのは誰ですか。作った人です。
なぜですか。物価調整です。






youjigyakutai.jpg





 ふざけるなあ~!











生産農家も涙を流しながら捨てています、というニュースを見ました。
だったらどうして捨てますか。
バイオ燃料に転用できるよう、研究機関に署名でもしましたか。それとも、泣きながら農作物に謝りましたか。

私はそういうニュースを見るたびに、ふつふつと怒りがわいてくるのを抑えきれないでいます。

愛が足りない、愛が!

私たち消費者が、毎日子供に食事をとらせるとき、
「お米一粒に八十八人のお百姓さんの苦労があるんだよ」
などと言っていたとしても、生産者が苦労していないのでは話になりません。
大事な農産物を食べさせていただくのだから、食べる側も無駄にしないで、ありがたく頂く。それが食べ物に対する態度です。生きモノを食べないと生きていけない、という、人間や動物には業があります。野菜も生きモノ、動物も生きモノ、だから、手を合わせて「いただきます」と言うのです。命をもらう訳ですから。

食べ物を残してはいけません。大事にしなさい。
それを言ったとしても、生産者自体が大事にしていないのでは本末転倒です。
食べられないものを大量に作り、偽装発覚したら大量に捨てる。

関係者は今すぐ、食べ物に謝りなさい!

勿体ないお化けが出ますよ…!

生産者の意見も、なんとなく想像できます。
「そんなことを言うのだったら自分で作ってみろ」
というようなことを言われるのだろうなあ、と…

しかし、それでいいのですか。
そんな不貞腐れたことを言って努力もしないのは、生産者のプライドが崩れるんじゃないですかねえ?

私たち消費者が、唯々諾々と安さだけを求めて生産者に媚びるようなことがあってはいけません。その反対に、生産者がコスト安だけを求めて消費者への安全義務を怠ってはいけません。

食に対して、もっと愛情を持とうではないですか。



消費者は、声を大にして意見を言う場がありません。買う買わないだけで意思表示をしなければなりませんよね。

しかし、食品の売り上げだけが、消費者の意思ではないのです。生活のために、やむなく安い食品を買っている人もいるのです。私の家のように…!
企業努力で商品を安くするだけではなく、安全でなおかつ安い商品を売っていただきたい。そうしたら、世間はその会社を尊敬する事でしょう。
もちろん私も…


なんとなくモヤモヤしていた問題を思いっきり叫べてすっきりいたしました。皆さん読んでいただいてありがとうございます。


それでは、どなた様もご退屈様でした。感謝。

色々と大変です。 

2008, 03. 05 (Wed) 15:43

実は今朝から盛大に鼻血が出たりして、現在花粉症の症状に苦しんでいます。
えっ? それは花粉症ではないんですか?

ハッハッハ。 ご冗談を。

花粉症にも色々ありまして、その症状もひとそれぞれ。私の場合は鼻血が出る花粉症なのです。たぶんそうですよ。ええ、きっとそうです。


とりあえず貧血なのでほうれん草を山ほど食べたいところですが、あいにくと家にはキャベツとレタスしかありません。もそもそ食べてみましたが、なんだか青虫になった気分です。しかも貧血が治りません。




10029298595.jpg




 今朝のわたくし。











11837669872070710.jpg




 現在の気分。

 ショボーン…










o20071123000071129s.jpg


ああ、どうやらアチラの世界から私を呼ぶ声が聞こえます。

今なら行けそうです。

しかし、罪深きわたくし…アチラにいったら地獄に落とされそうです。どうしたらいいでしょうか。
こんなときは…







10028041351.jpg




 食い改めます。









これで思い残すことはもうありません。

皆さん、一足お先に逝ってきます…




22352.jpg






走り出したら止まらないぜ…










というか、案外近そうなんで明日には帰ってこられそうなんですけど…
逝っちゃらめえええぇぇぇぇ…という声が聞こえないのは何ででしょうか。まあそんなもんですよね、人生は。

では皆さん、明日までさようなら…

復活そうそう手抜きでないですよ?
ええもちろん。

花粉症のせいです。

まだ言うかっ!

生命38億年の歴史。 

2008, 03. 03 (Mon) 15:41

皆さんこんにちは。
ずいぶんとお久しぶりなのでキーボードをたたく指がaqwsでrftgyふじこ;p: となるわたくしです。
あれから月日は流れ、私もすっかり日向ぼっこと緑茶が似合う年になりました。気が付けば髪は真っ白でシワだらけ。何がいけなかったのかと振り返ってみれば、竜宮城でもらった玉手箱をうっかり開けたのが悪かったようです。 乙姫、責任とれよ。言いがかりです。すいません。



ああ、…思い起こすこと1週間前。回転性のめまいで身動きできない状態でした。
わたくしはコタツに横になり、ウンウン唸っておりました。つらいよーくるしいよー、おかあさーん…熱いよ、痛いよ… く 、悔しい … 恨んでやる、いつかお前の子孫を根絶やしに…
いけない浮遊霊にとり憑かれそうになりながらも、私はじっと具合が悪いのに耐えていました。
まるでバクテリアのように、自分の意志で動くことはできません。
猫が近寄ってきて私の顔を舐めましたが、さっきまでその舌でお尻を舐めていたのを知る由もありません。

それが1日たち、2日たつ頃になると、だんだんめまいの症状も治まってきて体を起こすことができるようになりました。
呼吸をするのが楽になる。それだけなのにつらい状態から解放されつつありました。

そしてついに、体を動かす日が…!
コタツに横になりながらも、向こうに落ちているリモコンを取るために這うようにして動きました。まるで魚のようにぎこちない動きです。それでも私は嬉しかったのです。
思い切って、私は手足を踏ん張って四つん這いになってみました。動物の出現です。思いのほかスムーズに動けました。襲いかかる子ザルから体をかわすこともできます。動物すごい。ビバ動物。

その翌日、記念すべき日となりました。
私はしっかりと2本の足で立ち上がることができたのです。そうです、ヒトとなれたのです!

生命38億年の進化を体験したわたくし。

まあ実際はこんなに具合悪くなかったんですけどね。
それでも今、ようやくめまいが治まってブログを書ける幸せをかみしめている次第でございます。

ストレスに非常に弱いと痛感した私は、先週いっぱいかかって、ある結論に達しました。
ガス抜きに、なんとも間抜けなネコとか放し飼いのサルとかの話でも書いてみようかしら。それも、別のブログで…!

というわけで、立ち上げてみました別ブログ。

更新を休んで別ブログで遊んでたのかっ!
本当に皆さんすいません、お怒りはごもっともです。
でも遊んでいたんじゃないですよ? 生き残りをかけて必死の決断をしたのです。ホントホント。ホントですってば! 疑っちゃイヤン。

もしどなたか、もうヒマでヒマで死んじゃいそう…という時がありましたら、ふっと、
「そういえば猫とサルのブログがあったな…」
と思いだしてください。
来ていただけたら切腹します。呼んでるんだか何だかワカンネーヨ!

話が長くなりました。
別ブログ 「ジャッコバッグを背負って行こう。」
もしよろしかったら覗いてみてください。

こちらのブログは今まで通り営業いたします。
皆さん、これからもどうぞよろしくお願いいたします!

にこっ。

笑ってごまかす訳ではないですよ? ホントホント。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。