スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「愛」を考える。 

2008, 02. 14 (Thu) 23:54

本日は2月14日…バレンタインデーですね。
皆さま愛だの恋だのと浮かれていらっしゃるご様子。
しかし、ちょっとお待ちください。

この激しい文章をお読みいただきたい。

『 愛は平和ではない
 愛は戦いである
 武器のかわりが誠実(まこと)であるだけで
 それは地上における
 もっともはげしい
 きびしい
 みずからをすててかからねばならない戦いである
 わが子よ
 この事を覚えておきなさい 』

       ジャワハルラール・ネルー(インドの初代首相)が娘に送った手紙。



漫画 『愛と誠』 (梶原一騎原作・ながやす巧作画)の冒頭を飾った一節です。

愛とは平和ではない。…そうです。常に愛はいさかいを呼び、事件の核となり、そしてあらゆる人たちを絶望させたではないですか。
その反面、愛する人が出来ると強くなったり、酔ったような状態になりますね。それは脳内麻薬の作用が及ぼす影響でもあるのです。
つまり、愛とは … エンドルフィンとドーパミンに支配された状態である!と言い切ってもいいでしょう。
今現在、誰かを愛し愛されている人は、脳内麻薬に乗っ取られているのです。



img922_w22.jpg


  
 『ちょっと待ちねえ!
 それを言っちゃあ
 おしめえよ~』








…ボク、どこの子?


いや、しかしそれもそうですね。一理あります。

古今東西南極北極タロとジロ、常に愛という不可思議な現象を考え続け、今もなお誰もが納得する答えが出ていないことを考慮すると、まだ到達しきれない真理がどこかに潜んでいるのかもしれません。
今日はそのことを追求していきたいと思います。


愛の伝道師、イエスキリストはどんな言葉を残しているでしょうか。

『 人がその友のために
 自分の命を捨てること
 これよりも大きな愛はない 』
       聖書 ヨハネ15章13


うーん…ちょっと大きすぎやしませんかねえ…
その友達も、自分のために人が死んだならかなり気が重くなってしまいそうですけど。

次も聖書の言葉です。

『 愛は寛容であり、愛は情深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない、
不作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。不義を喜ばないで真理を喜ぶ。
そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。
愛はいつまでも絶えることがない 』
        (Ⅰコリント13:4-8)



求めすぎ、という気がしてなりませんが…
いえ、そんなことを言ってはいけませんね。崇高です、愛というものは…
コリント人さん、いいこと言います。



img873_k39-3.jpg




  コリント人さん。
  (イメージ)












ちょっと人間の視点に戻りましょう。


『 愛はすべてを信じ、しかも欺かれない。愛はすべてを望み、しかも決して滅びない。愛は自己の利益を求めない』
        キルケゴール 


『 愛は最高の奉仕だ。みじんも、自分の満足を思ってはいけない 』
        太宰治



ううーん…皆さん愛を語るとき、なぜ大げさになるのですかねえ…

人を聖者にしてしまうのが愛なのでしょうか。愛憎などという不浄なものは持ってはいけないのでしょうか。
それとも…愛と憎しみが表裏一体だという考えなど持ってはいけないとでもいいたいのですかねえ…

もう少し別の意見をお聞きしましょう。

日本の良心、芥川龍之介先生お願いします。

『 恋愛はただ性欲の詩的表現をうけたものである 』

ひどい言い草です。

萩原朔太郎先生、何とかおっしゃってください。

『 全ての場合を通じて、恋愛は忍耐である 』


あ、あの…もうお先真っ暗なんですけど。


10007952980.jpg






  ちょっと休憩しましょう…













ここは美しい国に行ってしまったしまったサン・テグジュペリさんに来ていただきましょう。

『 愛する──それはお互いに見つめ合うことではなく、一緒に同じ方向を見つめることである 』


星の王子様…きれいすぎます。
しかし、まあそれでよしとしましょう。愛するということは、常に流動的でもあります。
美しい愛もあれば段々と汚れていく愛もある。人それぞれであるのですね。



それでは見つめてみましょう。
遥か彼方を、愛の行方を…





img909_w09.jpg




    …あっ!










ままま誠に申し訳ありません…
ジョーズにまとめることが出来ませんでした…!



いささか強引ですが、このまま終わらせてください。
読んでいただいた皆様には深い感謝の気持ちでいっぱいです。

今更こんなことを言うのは気が引けますが…

ハッピーバレンタイン!




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。