スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑談☆すぺしゃる 

2008, 02. 12 (Tue) 17:50

しかしまあ、アレですねえ…寒いですねえ。
関東地方は雪が降るかもしれないという天気予報でしたけど、なんとか持ちこたえているみたいでよかったです。
以前は雪が降ったら雪うさぎのひとつでもこしらえようなどと思っていましたが、なにぶん寒くなったら外には一歩だって出たくないコタツの妖精こたつむりだったりするので、わたくしには土台ムリな相談だったんですが。
そんな2月の寒い中、世間では「早く春になるといいですね」とか、ちょっと暖かい日が来ると「このまま春になればいいんですけどねえ…」と挨拶がわりに言ったりしますけど、あれどうなんでしょうか。
今から暖かくなったら正に異常気象。3月ぐらいからボチボチ梅が咲いたりすればいいわけで、2月からコートなしで歩けたら8月にはどれだけ暑くなることか…!

まあそんなことはどうでもいいですね。

そういえば私は Yahoo をトップページにしているんですけど、昨日のニュース一覧に「猫の裏側写真が話題に…」と書いてありまして、そんなことよりも月の裏側写真などに世間さまはもっと興味を示せばいいのになあ…と思いつつも、ついうっかり乗せられて猫の裏側写真をゲットいたしました。ホクホクした気分になりますねえ、猫写真は。

さっそくアップするのも芸がないので、私が持っている写真を今ここで貼り付けたいと思います。




bigodori.jpg



猫の裏側とは全然関係ないですね。


まあ猫だって言うことで。それちょっとカテゴリー広すぎじゃない? という突っ込みはしてはいけません。

しかしまあ、アレですね。
雑談というとちょっと凄い芸とかしそうですね。…それは中国雑技団。
「雑」の字しか被ってませんね。
雑多の「雑」でもありますね。 雑誌の「雑」、 雑穀の「雑」 …やずやかっ!

ああ、それと全然関係ないんですけど、セ〇ンイレブンのコマーシャルで
「おにぎり全品100円!」
と言っていましたが、下のほうにこっそり「160円以上のおにぎりは除く」と画面に書いてありました。どうにもすっきりしない気分に襲われるのは私だけでしょうか。
それとも世間さまでは、160円以上のおにぎりは、おにぎりの範囲を逸脱しているという認識でもあるんでしょうか。
どなたか、教えてえ下さいいい。 おっと、いきなりさだまさし?


ああ、もうどうでもよかですか、そげん話は…
アンタいったいどこの人?
私などは16歳でG県に移住してきたので、言葉の壁というものが非常に重く感じられます。
たとえばG県M市限定の方言に 「あいひょい」 というものがあります。
「きのうは〇〇さんと、あいひょいしちゃってサー」
などと使います。
「あいひょい」 の意味は、「すれ違い」。 他県の者にわかるはずがありません。
それと 「がっしょうき」 という言葉。G県 I 市S町のお年寄りしか使わない言葉です。
意味は 「力任せに」 とか 「考えなしに力ずくで」 という感じらしいですね。
用例としては、
「仕事で〇〇さんがフォークで積み荷を崩してさア…まったく、『がっしょうき』なんだから」
と使います。
これなんかも同じG県民にすら通じないという凄まじさ。もう方言というか隠語に近いとすら感じます。
言葉というものは不思議なものですねえ…

オ、オチはどこ? 雑談にオチなどあるもんかーっ!
雑談の雑は「雅」に似ている。
それこそどうでもいいわ。



ざ、雑談してるからって、全然あんたには関係ないんだからねっ!
ツンデレはもういいです。ハイ…

それにしても、雑談ってどこで終わりにすればいいか分かりませんね。
私の友人で、去り際が非常に苦手な人がいます。
電話なども 「じゃあね、バイバーイ」 と切ればいいものを、わざわざ 「皆さんによろしくね…風邪なんか引いてない?」 と話を蒸し返します。
「うん、大丈夫。じゃーねー」
「よかった。…それじゃサヨナラ。今度は〇〇の新刊読んだから持って行くよ」
「へえー読んだんだ。ふーん」
「面白かったよ。…あ、長くなるからもう切るね。感想とか色々言いたいことあるんだけど」
「ええっ? つまんなかった? なんだか気になるなあ」

そんな話をしているうちに小一時間。コードをハサミでちょん切ろうかと思いました。




さあ、そんなことは思いっきりどうでもいい感じですね。

雑談の雑は 「雑用」 の雑。

そして、 「雑文」 の雑…!

まさしく今日の文章そのままですねえ…!

どなた様もご退屈様でした。お付き合いありがとうございます…
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。