スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訳わかんないし。 

2008, 02. 11 (Mon) 17:23

むかしむかし…ある山に旅人が通りかかると怪物があらわれ、問題を出したという。
怪物の名は「スフィンクス」。ライオンの体に人間の顔を持っている。
スフィンクスは勝手に問題を出し、人間が答えられないと襲いかかってバリバリと丸かじりにして食べていた。

そんなあるとき、オイディプスという若者が山に差し掛かった時も、やはりスフィンクスは問題を出した。

「朝は4本足、昼に二本足、夜には3本足。これな~んだ?」

オイディプスは少し考え、

「こう言っては何だが…もっと世界の情勢とか環境破壊などについて考えようとしないのか? 君は少し幼稚すぎるのではないだろうか」

と言った。

スフィンクスは泣きながら逃げて行ったという。

その故事に習って、今日は「なぞなぞ」の例をいくつか出してみたいと思います。






吉田一平君(仮名、12歳)がお料理を作っていたところ、お鍋に味の素を大量に入れ過ぎてしまいました。
さあ、どうなったでしょう?

答え。料理が嫌いになった。




次です。

パンはパンでも、食べられないパンは何でしょう。

答え。パパンがパン。



はい次。

パンはパンでも空を飛ぶパンは?

答え。パンアメリカン飛行機。



さあ、飛ばしていきますよ。


アンパンと食パンとカレーパンが歩いていて、後ろからメロンパンが声をかけたら振り返ったのは食パンだけでした。どうしてですか?

答え。そんな日もある。




次っ!

逆立ちすると馬とシカになりそうな動物はな~んだ?

答え。君は本当に答えを知りたいのか。よし、教えてやろう。
まず馬。馬とはつまり奇蹄目に属する動物で、野生種や在来種、ポニーなどがいるな。君が言っているのはそれのどれかはわからないが、まあごく一般的な馬というと乗馬や競馬などに使われるサラブレッドやクォーターホースなどの品種と考えていいだろう。次に鹿だ。鹿というのは哺乳類シカ目、偶蹄目のことだ。これもまあごく一般的なニホンジカと考えていいだろうな。
それがなんだ? 動物が逆立ち? 君は一体何を考えて……(後略)





このように、ある種の人を怒らせてしまうのが「なぞなぞ」の正体です。

というか、本当すいません。もう何が何だかよくわかりませんが、今日はこんな感じでよろしくお願いします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。