スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細々と。 

2007, 12. 29 (Sat) 07:33

洋服ダンスの中を整理したら、着ない服がごっそりありました。
まずジーンズ。
サイズを見ると、ウエスト61cmが2本、64センチが3本、そして76センチが1本。
えっ? 76センチ? これ誰の?
私の知らない私の過去が出てきました…!
まるで博士の愛した数式。いや、その映画観てないんですけど。

謎が謎を呼び、万が一金田一迷宮入りする前にとっととリサイクルショップに売ることを決断しました。
ついでに持っていくものはないかな、と物色したところ、今年のお正月に買った福袋が出てきました。ほぼ一年ぶりに袋を開けると、ジャケットとハーフパンツ、モヘアのキャミソールなどが入っています。
しかも全部黒。今すぐメイン・イン・ブラックの仲間入りができそうです。
その他にも私には似合わないピンクのシャツとか、どう見ても自分の趣味と違うフリルのブラウスとかが出てきました。
そこでようやく、何年も前に姉から洋服を貰ったことがあるのを思い出しました。
私には姉がふたりいて、下の姉は洋服を捨てられない性格らしく、何年かおきにごっそりと洋服を私にくれるのです。自分が散々着た後で。

ここまで書いてきて、姉がこのブログを読んでいないといいなあ、などと頭の隅に浮かびました。まあ別にいいですけど。

しかし謎はあっけなく解けました。姉からもらった服なんですね。見覚えのない服、穿いたことのないジーンズ。
使った覚えのない領収書などが出てきたらどうしようなどと思いましたが、これで一件落着です。…この世の中に不思議なことなどないのだよ、関口くん。
とりあえず大きい袋二つ分になったのでリサイクルショップにいきました。
ああ、この洋服たちともお別れか。…着てないけど。
こうして資源の再生に協力できてよかった。お姉さんありがとう、今まで着ない服を持ってた自分ありがとう。地球はこれで温暖化がストップしたかもしれない。きっとイルカやクジラも喜んでいることだろう…ついでに私には臨時収入。今日のお昼は回転寿司? それともピザ?

お店に入って大袋を受付に渡し、待つこと数分。

呼ばれて受付に行くと、全部買取できますとのこと。
買い取ってくれたお金が私の手のひらに乗せられました。






20071229072053.jpg

「はい、550円になります」




帰りにコンビニ弁当買って帰りました。
60円足りなかったです、はい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。