スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在庫整理 

2007, 12. 27 (Thu) 15:30

撮りだめしておいた写真を使い切ってしまおうという在庫一掃整理の日。

まずは、これ。

oranda.jpg

オランダでチューリップ型の島を造ることを本気で検討中
まだ構想段階だそうですが、もし実現したらここに移住してもいいかな。

情報ソースはこちら→GIGAZINE


次は象さん。
b0013789_1202291.jpg

自然って不思議です。
こちらのブログでいただきました。→知識の泉 Haru’s トリビア
画像満載でうれしいサイト。


005.jpg

画像が粗いですが、G県の朝9時ごろに現れた彩雲。
わたくしのテクではうまく撮れませんでした。ケータイのカメラなら尚更。

001_20071227152336.jpg

それと、猫の足です。

これがどうなっているかというと…

003_20071227152431.jpg

あら不思議。
アザラシが出てきました。
変態の途中らしいです。

ごちゃごちゃですいません。
またネタ仕込みに行ってきま~す!
スポンサーサイト

大掃除を忘れよう。 

2007, 12. 27 (Thu) 15:01

今日は雑誌でも読んで心静かに残り少ない2007年を過ごしたいと思います。

その雑誌とは…今年一番お世話になった…

011_20071227135840.jpg


学研 『ムー』

怪しい気配がプンプンしてます! もう表紙を見ただけで私のハートをガッチリつかんで離さない!

ちなみに、なぜ2007年3月号なのかというと、古書店より格安で購入したからであり、画像がなぜ私の携帯で撮った(私の手まで入り込んでいる)写真なのかというと、Amazonでは商品検索してもこの号が出てこなかったからです。

しかしこの号はお得です。
あすかあきお氏 の別冊マンガまで付いているからです。こりゃあ見逃せない!

目次を見てみましょう。

『総力特集 科学が発見した「神」サムシング・グレートの謎』
『現象レポート キリストの顔が地面に浮かび出た』
『フォーティアン・ワールド 米政府は異星人との密約でUFOを造っていた!!』

早くもめまいがしてきました。
素晴らしいライナップです。

中でも特に目を引くのが、2色刷り特集、
『地底都市テロスと理想郷シャンバラの謎』
012.jpg


エルフィン運命館も非常に惹かれるものがありますが、ここはぐっと我慢。広告ページはあとでゆっくり読めばいい。

カリフォルニアのシェスタ山には地下都市テロスがあり、そこのアセンディッド・マスターで高僧のアダマというひとから送られたメッセージから記事は始まります。
この辺りからファンタジーの苦手な人は投げ出してしまうでしょう。しかし、いつまでも子供のような好奇心を持ち続けたいなら、細かいことは気にせずにずんずん読むべし。

地底都市や地球空洞説、はてはニコラ・テスラまで出てきて内容は盛りだくさん。
そして地底都市には異星人の都市もあり、地球の地底人と共存を果たしているという。いつしか宇宙の銀河ネットワークに話が飛び、数百万もの宇宙船やボランティアたちが地球を取り囲んでいてアメリカはそのネットワークの存在を早くから知っていた…積極的に連絡を取っているという。
地下都市はその一端であり、シャンバラ=天国でもあるそうだ。いつか地球全体の精神レベルが上がれば地球そのものが超シャンバラとなるだろう…

なんていう壮大さ。
もう現実の世界なんて色褪せます。

いや、皮肉ではなくて、本当に。

あすかあきお氏の別冊マンガは、
『神々の預言石版 沖縄ロゼッタストーン』

やや癖のある絵柄で、アイヌと琉球民族、そして古代アメリカ人(ネイティブ・アメリカン)が同じDNAを持つことや、言い伝えや伝説の酷似、聖書との相似なども明らかにしている。
凄いぞ、あすかあきお。もしかして二代目グラハム・ハンコック狙ってる?
最後の方で、琉球民族の先祖が中米メソアメリカから伝来した、というところまで話が行く。
ここまで読む頃にはすっかりあすかあきお氏に心が奪われ、もっと読みたい!などと思ってしまう。

他にも『ムー』には
『あなたのミステリー体験』
や、
『南山宏のちょっと不思議な話』
などの人気コーナーもある。

私はこの雑誌を手に入れるたびに、値段以上に楽しませてもらっています。
そんな馬鹿な…という記事も、読んでいくうちにちょっとした豆知識を得たりして無駄にはならない。

この殺伐とした時代には、『ムー』の持つ桁外れのロマンが必要なのではないでしょうか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。