スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャスニ・ジョプリン! 

2017, 03. 05 (Sun) 20:59

「もう3月だよー」
という春のお告げを聴いた皆様こんにちはー
桃の節句も終わり、うららかなお天気が続いた昨日今日あたりはお雛様のお片付けで大わらわの方もいらっしゃるでしょうね。

うちはお雛様を出そうと思いつつ、去年に引き続き今年も出せませんでした。

理由は……なんとなく、かなあ……

はっ∑( ̄ロ ̄|||)!!

今、押入れから凄い殺気が!
ごめんなさいごめんなさい!
アパートなのでお雛様&官女シスターズの皆様に鎮座していただく場所もなく、ついつい……!
来年こそはお部屋を片付けて、お祭りいたします!


さて。
最近のわたくし、あいも変わらず貧乏でございます。ええ、一点の曇りもなく。
そして暇を持て余してボケーっとテレビなどを観ておりましたら、何度か観たことのあるコマーシャルが流れていました。

(再生時には音にご注意ください!)

Miss Dior - The new film (Official Director's Cut)



なんつーカッチョエエ歌声……と思い、その歌を調べてみました。

そうしたら、なんとチョー伝説のロックシンガー、ジャニス・ジョプリン(1943-1970)だったのです!

私もよく知らなかったのでググってみましたら……
その人生は酒とドラッグと派手な男性関係、そして孤独。
27歳で薬物の過剰摂取により夭折した、まさに伝説となった女性です。

今でもコマーシャルでたびたび起用されるので、彼女の名を知らなくても曲を聴いたことがある人は多いのではないでしょうか。


MOVE OVER by Janis Joplin




Janis Joplin - Cry Baby




今でもジャニスの歌声は人々を魅了し続け、去年はドキュメンタリー映画になったとか。


映画『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』予告




ちくそう! 全然知らなかったZE! などと悔し涙にくれました。

遺作となったアルバム『パール』の中に、一曲だけジャニスの歌が入っていない曲があります。
あまりにも突然に死が訪れたために、彼女の声入れが間に合わなかった曲……そのタイトルは、

『生きながらブルースに葬られ』

かっこよすぎて悶絶します!

しばらくはジャニスにドはまりすること確実なわたくしです……
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。