スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本語の限界 

2017, 02. 15 (Wed) 13:44

やっほー。皆様こんにちはー。

軽い感じで始めてみましたが。
前回更新から一か月半ほど経っていました……

こっ、これは! 事情があるんです!
パソコンのキーボードがいよいよ劣化が激しくて、「M」「L」「ENTER」が効かなくなってしまったんです!
一回押しただけではダメで、何回も打ち込むしかありません。
自然と文章を打ち込むのが大変になってしまって……ブログからすっかり遠ざかっておりました。なんてこったパンナコッター!




ということで。
言い訳も済んだことですし! 本題に入ります。

娘のサルムスメちゃん(中学一年生)はお友達とのLINEがマイブーム。
まだ携帯電話を持たせていないので、私のスマホをお貸ししています。
もちろん、
「親が見ても困らない内容であるべき! それがネットマナー!
すべてのやり取りはチェックします。
お友達にもそう言いなさい!
それが嫌なら貸さない!」

と宣言し、貸してほしいサルちゃんはぶすくれながらも了承して検閲GO!

まだまだお外で遊ぶのが大好きなサルちゃんよりも、お友達のほとんどは精神年齢も高く、中二病の子や病み期なうの子、婦女子まっしぐらの子など、それはもう絢爛豪華(違う)

時々、お友達の書き込みが分からないことがあるそうです。

「ママー、ママー!」
とサルちゃんがスマホを見ながら首をかしげています。
「ねえママー。『さすらいの美少女』ってどういう意味?」

さすらいの……美少女……

言葉に詰まったわたくしは、
「えっと……『すごく可愛い女の子が……ホームレス』ってこと……」
となんとか答えました。
さるちゃんは「ふうん」と微妙なお顔。

またある日は、
「これ、なんて読むの?」
と画面を見せてきました。

『東京喰種』

「とうきょう、グール……」
と教えると、更に
「グールってなに?」
と追加質問。

「えーっと……『とってもお腹がすいている妖怪』のこと、かな……」

「へえ」とやっぱり微妙な顔。

正直言って、返答に困ります!

お友達はもうすでに、初音ミクやBLなどで盛り上がっているのを見ると、
「こんなこと訊かれたらヤダな……」
などと冷や汗たらり。

最近の中学生は大人ですなあ……
サルちゃんが子どもから一歩も出ていないのでピンと来なかったけど、難しい年頃なんだなあと実感します。

というか……
書いてあることの質問は、お友達に直接聞いてほしいです。
ほんとマジで。。。

まだしばらくはサルちゃんの質問におびえる日々が続きそうです。
早く大人になってくれないかなあ……



ちなみに。
「ネチケット」って言葉を最近見かけないのですが、死語なんでしょうか。なんてこったパンナコッター。
スポンサーサイト

2016年、個人的重大ニュース 

2016, 12. 26 (Mon) 19:54

世間の皆様、ご無沙汰しております。


気が付いたらあっという間に12月。すっかり年末でございます。
年末といえば……お歳暮?

いえいえ、やっぱり大掃除?

ノンノン! というか忘れたい!

年末は……今年の重大ニュースですね!

テレビでも特集をされてますが、個人的にはトランプ氏大統領選出が一番衝撃を受けたかな……っていうか、ニュースの話題はさておき。
私の個人的な重大ニュースは……


蝙蝠丸、当て逃げにあう!


が断然トップ。。。

忘れもしない、3月半ばのことでした。
わたくしは子ども関連の会に参加をして、夜も遅くなりました。
あー、お腹すいたなあ……お酒も飲みたいし、なによりも疲れたよコンチクショウなどと考えながら車を運転中に、ふとガソリンが残り少ないことに気が付きました。

おお、明日も仕事だし今のうちに給油でもやっとくか!
そんなことを思いつつ、コンビニが併設しているセルフガスステーションにGO!しました。
ついでにおつまみも買っちゃおうかしら。そうそう、明日のおにぎりとかも購入すれば寝坊できるしウッシッシと意気揚々と給油スペースに入るために徐行した時に、それは起こりました。

コンビニの駐車場を横切る形でGSに入った私の車に……いきなり突っ込んできた車が!

白い大きな車(車種は伏せておきます)は、コンビニで用を済ませて帰るところらしかったですが、私の車が通行中なのに気が付かなかった模様。
勢いよくバックで私の車にあててきました。
運転席、つまり私の側のドアにめり込む白い車。わたくしボー然。

「ママー、どうしたの? 事故?」
というサルちゃんの声に、我に返りました。

サルちゃんにはケガがないことを確認し、ほっとしたのも束の間。
私の車にめり込んだ白い車の後部が、ギギギという音を立てて動き出しました。
このあと示談の話し合いかあ、面倒だな、と思った時に、その車は方向転換し……

ビュイーン! キュキュキュ! と逃亡!

わたくし→( ゚д゚)ポカーン

すぐに目撃者の方とコンビニ店員さんが来てくれて警察に通報。
結果、私の車は運転席のドアが大破(めり込みすぎてドアが閉まらない)後部タイヤ一本パンク、細かい傷多数。

マジですか……(; ̄Д ̄)

幸いにもコンビニの監視カメラに、相手の車がバッチリ写っていました!

翌日には相手が特定&警察に出頭命令。お巡りさんスゲー!

しかし、ここからが長かった。
相手は「直します」といったのですが、修理工場が拒否
なぜなら、無保険車らしく実費で払うと言ったので、前払いでないと修理しないとのこと。

ああん、なんでそんな車に当てられちゃったの蝙蝠丸!

私も直接相手と、電話で話をしました。

「こちらとしては、修理してくれればそれでいいんですが」
『ええ、おれもそうしたいッス! でも前にも修理してるしーもう金ねえですしー分割で払うッス!』
と元気いっぱい。

どうやら20歳ぐらいの兄ちゃんのようです……

私の保険会社さんに電話をしましたら、当て逃げの場合は保険会社が介入できないという決まりがあるそうで、相談には乗ってくれるとのこと。
一応私もシングルマザーで娘がいるし、心配なので相手との対応は不安で、言いましたら、こころよく代理で話をすることを引き受けてくれました。

そこから、保険屋さんが電話すること数回。
そうしたら、相手の兄ちゃんは態度を豹変させて、
『金ねーし! 払えねーし!』
と話し合いを拒否!
ゴネるゴネる!

そんなこんなで時間は経ち、
修理工場で置き去りの私の車ちゃん、じわじわとサビつき始め……

保険屋さんの勧めで、とりあえず私の自費で修理をしてしまうことにしました。
後から加害者の兄ちゃんに請求するということで、若干不安ではありましたが、いつまでも代車では嫌だし、と思い修理依頼。

そして、事故から7か月後に私の車はやっと手元に戻って来ました!

事故は3月半ば。まだスタッドレスを履いたままだったマイカー。
戻ってきたのは10月の終わりごろ。
もうスタッドレスからノーマルに履き替えるのがバカバカしい時期になっていました。

保険屋さんはそれから着々と相手を追い込むことをやってくれました。
自宅直撃や、文書での警告。

そして先月初めに、とうとう裁判となりました。

車の保険では、弁護士特約というものもあるそうですが、私は入っていなかった……
成功報酬を払うことで弁護士さんをお願いすることに。

まあ細かいことは保険屋さんが全て段取りしてくれたのですが、私は弁護士さんに代理要請の文書にサイン。

そして先日。

「やりました! 相手のお母さんが代わりに払ってくれたので完全勝利です!」
と保険屋さんから電話がありました。

長かった……
そしてありがとう保険屋さん! ずっと付いていきます!

ちなみに、私の友達も当て逃げされたことがあるそうで、デパートの屋上に車を止めたらミラーを割られていたとのこと。
警察に相談したら、
「防犯カメラに写っていれば相手が特定できるのにねえ……」
と言われたそうです。
私の場合、事故現場はコンビニで、しかもちょうど相手の車が写ってたからまだよかったなあ、と思った一件でした。

教訓
・車の保険には入っていないとマズイ
・ぶつけられた時のために、監視カメラがある場所に駐車
・保険屋さんとは仲良く



なにはともあれ、年末で片がつき、スッキリと新年を迎えられそうです。
皆様もどうかお気をつけて!

君の名は? 

2016, 10. 17 (Mon) 22:31

皆様おはこんばんちはー

気が付いたら10月も下旬となりました。
せめて月一で更新を、などと思ったのは遥か彼方の向こうに追いやられ……
日々の雑事に埋もれてネットが遠のきつつある今日この頃。善良なる皆様、いかがお過ごしですか。

私ときたら、すっかり疲れ果てて頭はボサボサ、目は落ちくぼみ白髪だらけの老婆となるほど悩んでおります。

それというのも……

PSVRを買おうかどうか、夜も眠れぬほど悩んでいまして……

あの視覚を網羅する映像を見た日には、もう居ても立っても居られないほど欲しくて堪らなくなりました。
VRを買う前に、難問があります。
それは、PS4を買うかどうかの決着がまだついていないのです。

ああ……
PS4を買うべきか。

しかし、ぶっちゃけ欲しいソフトがないし。

でも、VRでは新作ソフトで、『クーロンズゲート』が出るのです!



ああ!
なんていかがわしくて猥雑でうさんくさい、すばらしい世界!
誰か私の悩みを解消してください! つまりクレクレ! 


……


そんなバカなことを言いながら、夜も更けてゆきます。

そろそろタイトルの話題でも。


サルムスメ(中一)が、映画『君の名は。』にハマっております。

まず最初はお友達と観に行って、それから「もう一度観たい」と言って再びお友達と映画館へ。

そして、
「ママ、あの映画チョー面白いよ! また観たいからまたお金頂戴!」
と言い、右手をグイと突き出しました。。。

そんなに面白いの?
わたくしは娘に訊きました。

すると。

娘は映画の説明を始めました。

「あのさー、あの男の子いるじゃん?
あの子がサー、オクゾノ先輩とデートするんだよ。……ん? オクハラ先輩? オクミヤ先輩?
まあ、いいけど。
あの先輩の帽子がチョーかっこいいからサルちゃん欲しい。ママ買って?
それでさ、彗星が墜ちてくるわけ。
こう、空をビューーーーってさ!
それでドカーーーンだよ。木っ端微塵だよ。
そんで、女の子いるじゃん?
女の子がさ、男の子と夢の中で入れ替わっちゃうだよ。
顔に落書きすんの。
あれ、『バカ』とか、『アホ』とか書いちゃダメじゃね?
学校の先生も、人にバカとか言っちゃいけないって言ってたけど、ダメじゃね?
そんでね、そんで、彗星が墜ちるんだよ。言ったっけ?
彗星が二つになって墜ちるところを、なんか飲んで助けるわけ。すごくね?
それで、最後に泣くんだよ。男のくせに泣くとかキモくね?
サルちゃんはもう3回も観ちゃったから! もう全部覚えたから!」


……


……


身振り手振りで説明してくれましたが、さっぱりわかりません。

そもそも、主人公たちの名前を、なぜ覚えていないの。

つまり。

君(たち)の名は?!



毎回映画のお金を巻き上げられて、この記憶力。

(´;ω;`)ぶわっ

No Rock No Life! 

2016, 09. 09 (Fri) 17:45

またまた不定期更新の鬼と化したわたしく参上!

と言いますか、みなさまお久しぶりでございます。
相変わらず仕事と晩酌と(時々ゲーム……)で余生を過ごしております。ハッキリ言って貧乏です。お財布事情も相変わらずな私ですが、ここ最近はちょっとした楽しみができました。

それは……寝る前にスマホで、動画を観ることです。

動画のジャンルは。
ズバリ、ハードロック!

ノリも良くてカッコいい動画を観て、明日への英気を養うわたくし……けなげすぎて泣けますね? 

そんな私のオススメが、

Heaven's Basement





Airbourne





Mr. Big




Mr. Big はちょっと古いけど、どの曲もカッチョエエ!

ライブとか行きたいですなあ……( ´艸`)ムフッ

恐怖! たぬきの怪 

2016, 08. 30 (Tue) 18:34

世間の皆様、こんにちは!
あれからどうだい! 元気かい? 蝙蝠丸もすっごく元気だょ!

などと無駄にハイテンションで始めてみました怒涛の不定期更新。
うっかりと仕事にうつつを抜かしていましたら、あっという間に一か月が経っていたではないですか。
いやはや、月日が経つのは速いものです……
朝起きたと思ったらもうお昼、一週間が経ったと思ったら10日も日にちが過ぎていて、給料日が来たとたんに月末。こんなことではうかうかしているうちに22世紀になってしまいます。
えっ?! ドラえもんに会えるだろうって?
何をおっしゃるうさぎさん。ドラえもんなんて高級なロボットにお目にかかれるほどのセレブではござません。というか、むしろ今すぐポケモンGO!のレアモンスターに会いたいものでございます……

えっ?! 更新せずにポケストップに入り浸ってた疑惑勃発?

そっ、そんなことはないですよ! 
いかに楽して強いポケモンを手に入れられるかをネット検索していただけです!

……

……


さあ、サクサク話を変えますが!

最近、職場の方々がお子さん誕生ラッシュに沸いております。
誕生時のグラム数がいくつだとか……
髪の毛がふさふさとか、いやいやウチはツルツルで顔が真っ赤だったとか……

ウフフ。
ほのぼのしてますなあ。

かくいう私も子持ちなので、懐かしい話ばかりでございます。
あれは……そう12年前になります。
3000グラムオーバーの元気な赤ちゃんを産みました。

あらまあ良かった。女の子は育てやすいって聞くわ。おとなしいから助かるわね……

そんなことを思って胸を撫で下ろしたわたくし。
その期待が裏切られるには3年かからなかったでしょうか。
壁をよじ登り、カーテンでターザンごっこをし、家じゅうの壁紙をはがして遊ぶモンスター……いえ、元気のよすぎる幼児にお育ち遊ばれました。
付いた呼び名が「サルムスメ」。
次から次へとしでかしてくれるいたずらに、声がかれるまで叱咤するわたくし。
誰だよ、女の子は大人しいとか言った奴は! 今すぐここに来て訂正なさい!とふつふつたる怒りを胸に、私は子育てに奮闘しました。

のんびりと絵本でも読んで黄金の子供時代を実りあるものにしてほしい……
そんな願いもむなしく、目を離すと裸足で家から飛び出して行ってしまう幼児を追いかける日々。
しかし、ついに反撃する時が来たのです。

保育園に入ってしばらくしたころ……おそらく5歳になろうかという時期だと思います。
ある日の夕食後、(当時の)主人が書斎にいる時に、
「ぱぱー、あそんでー」
と娘は入って行きました。
ハアやれやれ、これでしばらくは息がつけると思ったとたん……

聞こえる大絶叫!
すわ何事かと駆けつけると。

口が裂けるほどの形相で大泣きするサルムスメが!
そして、その視線の先には。

たぬきの置物があったのです。

ポップなデザインの置物ではなく、よくあるたぬきの置物……お店の前とかに置いてある、勧進帳をぶら下げたやつです。

(当時の)主人のセンスは残念なことに、勧進帳たぬきの置物を「かわいいじゃん」などと言って部屋に飾っていたのでした。
高さ20センチほどの置物……
娘がめざとく目を付け、手を伸ばした時に、
「ほら動いたぞ!」
と驚かしたところ、ビックリして大泣きとなったらしいです。

アホーな展開に呆れるわたくし。

サッサと娘を連れて階下に降り、お風呂に入って寝る準備です。
サルムスメは私のお話しする「むかしばなし」を聞きながら眠る習慣でしたが……

そこで私は閃いた。

「サルちゃん……今日は大事なお話があります」
おふとんで不思議そうに私の話を待つ娘。
私はゆっくりと、
「たぬきの話だけど」
と切り出しました。

息をのむサルちゃんに、私は
「たぬきは、悪い子を襲う生き物なんだよ……」
と話して聞かせました。
「ママそれ本当?!」
恐怖におびえるサルちゃん。
「本当です」
「どうして?! どうしてなのママ?!」
「それはね……」
私はサルちゃんにねだられて、たぬきの話を聞かせました。

「たぬきはどこのおうちにも必ず一匹はいて、その家を守る生き物なんだけど、悪い子がだいきらいなんだって」
「なんでわるい子が嫌いなの?」
「それは、悪い子は悪いおとなになるからです。たぬきはそうやってずっと家を守っているんだよ」
「わるい子はどうなるの……?」
「いうことを聞かない悪い子とか、わがままばっかりの子は、頭からガリガリと喰われるそうだよ!」

目を真ん丸に見開いて固まるサルちゃん。
「でも、あんなにちいさいのに……」
「たぬきは夜おそくに誰もいなくなると、ぐわおおおおお!って大きくなって寝ている子どものお部屋にやってくる。
たぬきのお口にはびっしりと牙が生えていて、その牙に喰いつかれたら人間の子どもなんてすぐ食べつくされちゃうよ。
なぜなら、たぬきは肉食だから!」

怖いはずなのに、毎晩たぬきの話をしろとねだるサルちゃんに、私はいろいろなバージョンを作ってお話をしました。

・夜遅くまで遊んでいる悪い子を、大きな麻袋に入れてさらってゆく「おじさんたぬき」
・池の近くで遊んでいると、池からニュッと手が出てきて池に引きずり込む「たぬカッパ」
・パパのふりをして遠くに子どもを売りに行く「パパたぬ」

……最後はちょっと私怨も入っていましたが!

テレビでニュースを見ていると、ふと
「これもたぬきの仕業か……」
と呟くなど、たぬきの極悪さをアピール。
サルちゃんは一瞬だけ動きを止めて、目を丸くしていました。

たぬきは鋭い鉤爪を持っているとか、ゴロゴロ様といつも連絡を取り合っていて悪い子の情報を共有しているなどのチープなお話を話したりしていましたが、サルちゃんの元気いっぱい家じゅうボロボロ加減が収まりません。

いつものようにお布団に入って、サルちゃんを寝かしつけながら今世紀最大の悪魔・たぬきのお話しを入していた時、
サルちゃんは、
「公園にもたぬきっているのかなあ……」
と呟きました。
私は、
「います」
と断言しました。
「いつも木の上に登って、お母さんの言うことを聞かない悪い子を見張るたぬき……
それも『みどりのたぬき!』」

サルちゃんは目をぱちくりさせ……

「ママー、それあんまり怖くない……」

エッ (; ̄Д ̄) ?

「もっと怖いお話をして!」

「ハイ……(T_T)」








それからサルちゃんは、本当にあった怖い話や、学校の怖い話にのめり込むことになります……
たぬきの呪いはまだまだ続く。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。